eMAXIS Slim全世界株式(日本除く) 運用開始して1ヶ月半経ったけどどうなの?

f:id:bo-yang:20180608105050j:plain

こんにちは。ぼーやんぐです。

 3月19日に運用がスタートしたeMAXIS Slim全世界株式(日本除く)が気になってます。これ1本で世界の株式に分散投資出来るのは魅力的です。しかもeMAXIS Slimシリーズで非常に低コスト。1ヶ月半経った今、どういう状況かみていきたいと思います。

 

eMAXIS Slim全世界株式(日本除く)

 

eMAXIS Slim全世界株式(日本除く)の基本情報

投資対象

先進国、新興国の株式(日本除く)

 

 ベンチマーク

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、円換算ベース)

日本を除く先進国22カ国、新興国23カ国の株式市場の値動きを表す指数です。約2200の銘柄で構成され、世界の株式市場の85%をカバーしています。

 

国別配分

アメリカ 約57%

イギリス 約6.2%

中国  約4.1%

フランス 約3.9%

ドイツ 約3.5%

 その他   約25.3%

半分以上がアメリカです。

 

 購入手数料、信託財産保留額

無料

 

 信託報酬

0.15336%以内

同指数を投資対象としているファンドの中で1番コストが安いです。今までは"野村つみたて外国株投信(0.2052%)"でしたが、それを下回るコストになります。

また、純資産総額が500億円、1000億円を超えるとそれぞれ信託報酬が値下がりします。ただ、5/2の時点ではまだ約4億2千万円なので、当分先だと思います。

 

償還日

無期限

 

つみたてNISA

対象ファンド

 

運用後の成績

下記表が成績になります。

純資産額がまだ約4.2億円と少ないですが、順調に増やしているようです。

騰落率はここ1ヶ月で+1.82%です。

f:id:bo-yang:20180619111445p:plain

           (グラフ:YAHOOファイナンス)

 

 

他社との比較

f:id:bo-yang:20180508064219j:plain

似たファンドと比べてみました。

楽天 全世界株式インデックスファンド 

投資対象

ベンチマークは"FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(円換算ベース)"です。投資対象に日本も含まれ、アメリカに続き2番目に割合の多い8.2%組み入れられています。また、47カ国約7500銘柄で構成されているため分散性はeMAXIS Slim全世界株式(日本除く)よりも高いです。

 

信託報酬

0.2396%とeMAXIS Slim全世界株式(日本除く)よりも高いです。また、楽天全世界株式インデックスファンドはアメリカのバンガード社のETFを通して運用されてますので、実質コストが高くなる可能性もあります。

 

騰落率

ここ1ヶ月で+2.03%とeMAXIS Slim全世界株式(日本除く)より成績はいいです。

 

EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド

投資対象

ベンチマークは楽天全世界株式インデックスファンドと同じ "FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(円換算ベース)"です。

 

信託報酬

0.15%とeMAXIS Slim全世界株式(日本除く)を下回ってます。ただ、このファンドもETFを通して運用されてますので、実質コストが高くなる可能性があります。

 

騰落率

ここ1ヶ月で+1.77%とeMAXIS Slim全世界株式(日本除く)より僅かに劣ってます。

 

 

eMAXIS Slim全世界株式(日本除く) 投資対象になるか。

日本を除く世界株式インデックスファンドの中ではコストが最安なので、魅力的です。また、eMAXIS Slimの先進国株式と新興国株式を平均したコストが0.16173%なので、両方に投資している場合、乗り換えを検討してもいいかもしれません。バランスを調整したい場合は、バラバラで投資した方がいいです。

日本を含むと"EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド"が最安になるため、どちらに投資するか迷うとこですね。ただ、ぼーやんぐは日本株式の将来はあまり期待していないので、投資するならeMAXIS Slim全世界株式(日本除く)にします。

 

 

 まとめ。

世界の株式に1本で投資したい方はeMAXIS Slim全世界株式(日本除く)でいいと思います。まだ、始まったばかりで純資産が少ないのは気になりますが、コストも安いので、徐々に増えてくるんじゃないかなと予想してます。

ぼーやんぐもeMAXIS Slimの先進国株式と新興国株式の2つに投資してますので、今後の状況によっては全世界株式(日本除く)にまとめるのも有りだと思いました。

次々と低コストの新しいファンドが出てくるのは投資家にとって嬉しいですが、その反面乗り換えをしたくなるというモヤモヤ感が辛いですねw

 

 
最後までお付き合いありがとうございます。
にほんブログ村というサイトのランキングに参加してます。1日1回ポチっとしていただけると嬉しいです!たくさんのブログに出会えるので、是非覗いてみてください。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村