楽天・全米株式インデックスよりiFree S&P500インデックスにするべき!?

f:id:bo-yang:20180608103331j:plain

こんにちは。ぼーやんぐです。

楽天ポイントで"iFree S&P500インデックス"の積立を始めて1ヶ月経ちましたが、同じく米国投資の"楽天・全米株式インデックス"と実際どちらが最適な投資先か考えてみました。

 

 

楽天・全米株式インデックスよりiFree S&P500インデックスにするべき!?

 

 iFree S&P500インデックスの基本情報 

運用方針 

米国株式に投資し、投資成果をS&P500指数に連動させる事を目指して運用を行う。

 

S&P500とは?

米国投資情報会社である"スタンダード・アンド・プアーズ社(S&P")がNASDAQ、ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所に上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出している株価指数です。

米国株式市場の時価総額の約80%をカバーしています。

 

コスト

買付手数料、信託財産保留額 無料

信託報酬 年率0.243%

 

S&P500に連動しているファンドでは最安のコストになります。

下記はその他のファンドです。差が大きいので投資信託でS&P500に投資する場合はiFree S&P500インデックスに決まりですね。

 

SSGA-米国株式インデックス・ファンド 

買付手数料 無料

信託財産保留額 0.1%

信託報酬 年率0.486%

 

ブラックロック-iシェアーズ米国株式インデックス・ファンド

買付手数料、信託財産保留額 無料

信託報酬 年率0.405%

 

 

償還日

無期限

 

つみたてNISA

対象ファンド 

 

運用後の成績

f:id:bo-yang:20180619111101p:plain

              (グラフ:YAHOOファイナンス)

 

2017年8月31日に運用開始されたばかりです。

純資産は少しづつですが、増えてきていて約43億円の規模になってます。

設定来のリターンは7.98%です。

 

 

保有分の成績

楽天ポイントだけで投資してたので、少ない額ですが、一応プラスになっています。

 iFree S&P500インデックス   評価額 3,168円 +68円(+2.1%) 

 

 

楽天・全米株式インデックスの基本情報 

 

運用方針 

米国株式市場の動きを捉えることを目指して、CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果を目標として運用。

 

CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)とは?

米国株式市場に上場する大・中・小型株式、約4000銘柄から構成される株価指数。投資可能な米国株式の約100%をカバーしてます。

NYダウYAS&P500は大型、中型株式しか含みませんが、本指数は小型株式を含み、分散性が高い点が特徴。

 

コスト

買付手数料、信託財産保留額 無料

信託報酬 年率0.1696%

 

米国投資のファンドで最安のファンドです。

ただ、バンガードのETFに投資しているので、2重課税など実質コストが高くなりそうで心配です。 

 

償還日

無期限

 

つみたてNISA

対象ファンド 

 

運用後の成績

f:id:bo-yang:20180619111236p:plain

               (グラフ:YAHOOファイナンス)

 

2017年9月29日に運用開始。iFreeS&P500インデックスとほぼ近い時期です。

純資産は順調に増えてきていて約105億円の規模になってます。バンガード効果か人気がありますねー。iFreeS&P500インデックスの倍以上あります。

設定来のリターンは2.77%です。

 

 

2つのファンドを比べてみました。 

トータルリターン

iFreeS&P500インデックス  7.98%(設定来)

 

楽天・全米株式インデックス 2.77%(設定来)

 

下の表はモーニングスターのサイトで作成した比較チャートです。ほぼ全期間iFree S&P500インデックスが上回っています。

f:id:bo-yang:20180509181437j:plain                     (グラフ:モーニングスター)

 

"騰落率とトータルリターンの違い"

騰落率

一定期間に基準価格がどれだけ上下したかを表したもの。

 

トータルリターン

 手数料や分配金などを含めて計算して、一定期間でどれだけ値上がりもしくは値下がりしたかを表したもの。 

 

楽天全米株式インデックスの方が信託報酬が約0.7%安いですが、設定来のトータルリターンは約5%iFree S&P500インデックスが高いです。

 

S&P500の懸念材料としては下記の主要ハイテク5銘柄が占める割合が大きい事です。

アップル、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コム、アルファベット(グーグルの親会社)、フェイスブック

 5銘柄で全体の約14%になります。先日のフェイスブックの不正があったように何か大きな問題や事件が発生するとS&P500もダメージが大きいので、注意は必要ですね。

でもこの5社の製品やサービスは世界になくてはならないものだと思うので、当分は大丈夫なんじゃないですかね。

 

 

まとめ。

ぼーやんぐはつみたてNISAのメインで楽天全米株式インデックスに投資しているので、この結果を見て後悔してますw  また、楽天全米株式インデックスにはバンガードの直販という可能性も有り得ますので、さらに心が揺らいでいます。

この先は分からないですが、iFree S&P500インデックスには楽天ポイント以外でも投資額を増やしていこうと思います。

 

↓バンガード直販のニュースの記事です。

www.boyang-boyang.com

 

ウォーレン・バフェットの下記の言葉通り、S&P500に投資してたら間違えないのかもしれません。

"資産の90%はS&P500、残りは政府短期国債に投資せよ" 

 

 
最後までお付き合いありがとうございます。
にほんブログ村というサイトのランキングに参加してます。1日1回ポチっとしていただけると嬉しいです!また、ブログ村ではたくさんのブログに出会えるので、是非覗いてみてください。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村