ユダヤ人に学ぶ。お金に関する5つの格言。

f:id:bo-yang:20180615124354j:plain

こんにちは。ぼーやんぐです。

みなさんはユダヤ人と聞いてどんなイメージを持ちますか?頭がいいとか、お金持ちというイメージが強いと思います。

今回は、そんなユダヤ人が大切にしている、お金に関する格言や名言を紹介していきたいと思います。ぼーやんぐもそこから学べることがたくさん有りましたので、是非参考にしてみて下さい。

 

ユダヤ人に学ぶ。お金に関する5つの格言。

そもそもユダヤ人って?

f:id:bo-yang:20180615131849j:plain

まずユダヤ人の定義として2つあります。

▪︎ユダヤ人の母から産まれた子ども。

▪︎ユダヤ教に改宗した人。

イスラエルが出来るまでは、国家を持たない民族でしたので、今でも国籍は関係なく、上記のどちらかを満たしている人がユダヤ人になります。

 

現在の人口は約1600万人といわれており、全世界の約0.2%ほどです。

イスラエルが出来るまでは国家を持たない民族だった為、今でも世界中の国に住んでいます。割合としてはイスラエルとアメリカに約80%と大半を占めてますが、その他にもヨーロッパ、アジア、南米、アフリカなど世界中に居住しており、日本にも2000人くらいのユダヤ人がすんでいるみたいです。日本にもいるんですねー。どんな方達なのか一度お会いしてみたいです。

 

 

有名なユダヤ人。

f:id:bo-yang:20180615131916j:plain

今回はビジネスで成功している方を中心に紹介します。自分たちが使っている商品やサービスも意外とユダヤ系企業が多いんだなと気づきます。

▪︎google ラリー・ペイジ

▪︎スターバックス ハワード・シュルツ

▪︎フェイスブック マーク・ザッカーバーグ

▪︎GAP  ドナルド・フィッシャー

▪︎トイザラス チャールズ・ラザラス

▪︎リーバイス リーバイ・ストラウス

意外だったのがタレントのデイビ・スペクター。テレビだと親父ギャグを連発してますが、会社を経営していて、ビジネスでも成功しているようです。

 

他にもアインシュタインやスピルバーグ、ボブ・ディランなど数え切れないほどの有名人や成功者がいます。

人口が少ないのに、これだけの成功者が出るのは、教育方法に要因がありそうですね。

 

 

お金の格言。

f:id:bo-yang:20180615132410j:plain

ビジネスでこれだけの成功者を生み出しているユダヤ人はどんな習慣を身につけているのか、今回は5つの格言を紹介したいと思います。

 

まずはぼーやんぐも好きな格言から紹介します。

"たまにしか入らない1ドルよりも確実な1セントを取れ"

手に入るか分からない大金を狙うよりも、わずか金額でも確実に手に入るものを手にいれろ。』という格言ですね。目の前に大儲け出来る話があると飛びつきたくなりますよね。でも成功する確率は低く、大きな損失を出すかもしれません。それよりも確実に資産を増やしていく方法を取った方がいいですね。

実は破綻したリーマンブラザーズはユダヤ系企業だったんです。格言を守らずに大きなレバレッジをかけた結果、世界がドン底に落ちてしまいました...

 

 

"お金は道具であり、道具に支配される者などいない。だから、道具はできるだけ多く持っている方がいい"

自分も以前はそうでしたが、消費や浪費を繰り返していると、お金に支配されて生活する事になります。人よりもいい物が欲しかったり、いい家に住みたかったり、お金を使う為に大事な時間を削って仕事をしている様なものなので、この格言は是非みなさんにも知って欲しいですね。

また、日本ではお金や、お金持ちに対して悪いイメージを持っている人が多いと思います。でもお金をタダの道具と考えれば、悪いイメージも無くなる気がします。ただの道具ですが、選択肢をグンッと広げてくれるモノだから多く持ちたいですね。

 

 

"お金もちになる方法は1つある。明日やる仕事を今日やり、今日食べるものは明日食べること"

仕事や本当にやりたい事を今すぐやり、消費や浪費はその次にしなさいということを伝えてますね。簡単なようで難しいですが、確実にお金は貯まりますね。

実際にフェイスブックのマーク・ザッカーバーグは毎日同じTシャツを着ていたり、車も300万円ほどの大衆車に乗っていたり、かなりの倹約家です。700億ドル以上の資産を持っている人がこのような生活をしているんですね。

 

 

  "今日あなたは、自分の穀物倉庫を見て穀物の量を数えようとした。その瞬間にあなたは神から見放される"

この格言はお金や物など『数えられる物』に幸せは宿らないという教えです。ユダヤでは『今日はこれだけ儲かった』、『今月の収入はいくらだ』と考えた瞬間に神の庇護が無くなると言われているそうです。

"お金儲けに一喜一憂すること"を否定しているんですね。投資をしているとどうしても、一喜一憂してしまうことがあるので、注意したいですね。

 

 

 "お金をなくしても、何も失わない。誇りをなくせば、多くを失う。勇気をなくせば、全てを失う"

失敗はお金を失うことと考えてしまうが、それは失敗ではなく、挑戦した結果に過ぎないんです。でも勇気をなくしてしまうと、挑戦することも出来なくなり成功はあり得ないんですね。

これは自分自身にもグサッとくる格言でした。お金のために毎日会社にいって給料を貰うようりも、自分の好きな事をして生きていけるよう勇気を持って挑戦していきたいですね。

 

 

さいごに。 

ほんの一部ですが、ユダヤの格言を紹介しました。

ユダヤ人はこういった格言をタルムードを通して子どもの時から学んでいるそうです。悲劇の歴史を生き抜いてこられた事や、成功者が多いのも納得できますね。

日本では子どもにお金の話をすることは少ないと思うので、ユダヤ人を見習って小さい時から子どもにも伝えていけたらと思いました。

  


最後までお付き合いありがとうございます。
にほんブログ村というサイトのランキングに参加してます。1日1回ポチっとしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村