新興国株式ファンド今が買い時? おすすめの3ファンド。

f:id:bo-yang:20180601123054g:plain

こんにちは。ぼーやんぐです。

2月の暴落が起きてから新興国株式の調子がよくないです。とうとう暴落時の最安を下回っちゃいました。今が買い時なのかもしれないので、今回は新興国株式ファンドのオススメ3ファンドを紹介します。

 

新興国株式ファンド今が買い時?

 新興国株式の不調。

f:id:bo-yang:20180601070455j:plain

2月の暴落から国内や先進国に比べて戻りが悪いです。

アメリカの長期国債の利回りの高さや地政学リスクなどいろんな原因があると思いますが、暴落して軟調だった2~3月の最安を更に下回ってます。

今が買い時かもしれませんね。

 

おすすめの3ファンド。 

f:id:bo-yang:20180601122836j:plain

1.楽天・新興国株式インデックス・ファンド 

バンガード社のETF(VWO)に投資をするファンドで、全世界の新興国市場の大型・中型・小型の約4000銘柄に投資されています。ベンチマークはFTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)です。

下記は組入国の構成比です。

f:id:bo-yang:20180531224712p:plain

(出典:楽天・新興国株式インデックス・ファンド 月次レポート)

 

信託報酬は0.2696%と比較的割安なコストになっています。

成績ですが2月の暴落から不調で5月30日には設定来の最安まで下がりました。

騰落率では設定来で-4.84%、3ヶ月では-6.60%になっています。

 

純資産総額の伸びが弱くなってきているのは気になります。

f:id:bo-yang:20180619104605p:plain

(出典:YAHOOファイナンス)

 

 

2.eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

MSCIエマージング・マーケット・インデックスをベンチマークとしたファンドです。24カ国の大型株、中型株を対象に841銘柄で構成されてます。

下記は組入国の構成比です。ケイマン諸島が1位って大丈夫なの?って一瞬思いましたが、よく見ると中国のテンセント、アリババ、バイドゥがケイマン諸島になっており、このファンドでのケイマン諸島は中国企業がほとんどだと思います。

ケイマン諸島はタックスヘブンとして有名な国で、世界中の企業が節税目的でケイマン諸島に籍を置いています。

楽天・新興国株式インデックス・ファンドと大きく違うところは韓国が入っているところです。

f:id:bo-yang:20180601052646p:plain

f:id:bo-yang:20180601052803p:plain

 (出典:eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 月次レポート)

 

信託報酬は0.2052%と割安です。eMAXIS Slimは他のファンドに対抗して安くなるので、投資家としては嬉しいファンドです。

成績は楽天と同じで不調です。昨年の10月と同じ基準価格まで下がってきています。

まだ運用開始から1年経ってないですが、純資産額が約61億円まで増えてきてます。

騰落率では設定来で+4.32%、3ヶ月では-6.50%になっています。

 

f:id:bo-yang:20180619105031p:plain

(出典:YAHOOファイナンス)

 

 

3.EXE-I つみたて新興国株式ファンド 

こちらも楽天同様にETFに投資をしているファンドです。投資先はシュワブ・エマージング・マーケッツ・エクイティETF。"チャールズ・シュワブ証券"が運用するETFです。楽天が投資しているバンガードのVWOよりもコストが安いため注目されています。

ベンチマークはFTSEエマージング・インデックス(円換算ベース)で21カ国の大型、中型を対象に約1000銘柄で構成されています。

下記組入比率ですが、他の2ファンドとほぼ同じ内容ですが、楽天同様に韓国が入っていません。

f:id:bo-yang:20180601060751p:plain

(出典: SBI EXE-I つみたて新興国株式ファンド  月次レポート)

 

信託報酬は新興国株式で最安の0.1948%です。

2017年12月に運用開始されたばかりなので、まだ純資産額は少ないです。こちらも5月30の時点で基準価格の最安を記録してます。

騰落率では設定来で-1.75%、3ヶ月では-6.38%になっています。

f:id:bo-yang:20180619105743p:plain

(出典:YAHOOファイナンス)

 

 

3社の比較とまとめ。

f:id:bo-yang:20180601070836j:plain

まずコストの面で見ると信託報酬では"EXE-I つみたて新興国株式ファンド"が最安です。ただ3ファンドともまだ運用開始から1年経っていないので、実質コストが分かりませんので、そこ次第です。楽天とEXE-Iは米国のETFに投資しているので、課税などの影響で実質コストが高くなる可能性もあります。

あとは組入比率の好みですが、なるべく多くの銘柄に分散したいなら4000銘柄をカバーしている楽天、韓国に成長に期待するならeMAXIS Slimですね。

ぼーやんぐはコスト重視でファンドを決めてますが、投資を始めた時にはまだEXE-Iが運用開始されてませんでしたのでeMAXIS Slimに投資してます。実質コスト次第ではEXE-Iに投資するのもありかもしれません。

 

ここ3~4ヶ月不調な新興国はどこまで基準価格が下がるのかわからないですが、だいぶ下がってきているので、買い時なのかもしれません。

人口ボーナスなどで経済発展が進んでいくと思うので、今後どうなっていくか楽しみです。

  


最後までお付き合いありがとうございます。
にほんブログ村というサイトのランキングに参加してます。1日1回ポチっとしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村