SBI米国小型成長株ファンド(愛称:グレート・スモール)が新規設定。投資対象としてどうか分析しました。

どうも、ぼーやんぐです。 SBIアセットマネジメントよりSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドに続き、今度は米国の小型成長株を投資対象としたファンドが設定されることになりました。 ファンド名はSBI米国小型成長株ファンド(愛称:グレート・スモ…

【新興国株式おすすめの3ファンド】楽天/eMAXIS Slim /SBIを徹底比較

どうも、ぼーやんぐです。 新興国株式は米中貿易摩擦の影響を強く受けており、ボラティリティーが非常に高くなっています。 そのため、短期では非常にリスクが長いので、長期的な視点で運用することが大切です。 今回は新興国株式に投資出来るインデックスフ…

インデックス投資は暴落が起きる前提で投資をするべき

どうも、ぼーやんぐです。 株価が再び大きく上昇していきそうです。 でも、このままずっと上がり続けることはありませんし、大きく上がれば上がるほど、下落する際の反動は大きくなります。 今回は株価はいつかは必ず暴落するということについて書いていこう…

【投資信託】資産配分に悩んだ場合は全世界株式がおすすめ!

どうも、ぼーやんぐです。 投資信託をはじめるときに1番悩むのが、アセットアロケーション(資産配分)です。 過去のデータや時価総額比率、未来の経済予測などで判断するしかないですが、始めたばかりだと、よく分かりませんし、本当の正解は将来にしか分かり…

つみたてNISAは準備体操。資産を大きく拡大するには20年以上運用を続けることが大切。

どうも、ぼーやんぐです。 2018年から始まったつみたてNISAですが、間も無く2年が経ちます。 でも口座を見ると、思ったほど増えてないなーと思いませんか? 実はつみたてNISAでは、そこまで資産は拡大しないんですよね。 本当に資産を増やせるのはつみたてNI…

アライアンス・バーンスタイン米国成長株投信の分析と運用成績の確認。投資対象としてはおすすめできない。

どうも、ぼーやんぐです。 国内投信で米国株式に投資できる手段が増えてきています。 その中でも資金流入が大きく、大きな純資産総額を誇っているのがアライアンス・バーンスタイン米国成長株投信です。 今回は本ファンドの分析と、資金流入が大きいけど投資…

『ゆっくりとお金持ちになるのは簡単』バフェット流資産の増やし方

どうも、ぼーやんぐです。 投資の神様と呼ばれているウォーレン・バフェットがテレビ番組に出演した際、こんなことを言っていました。 『ゆっくりとお金持ちになるのは簡単です。 しかし、すぐにお金持ちになるのは簡単なことではありません。』 お金持ちに…

バンガード社の人気ETF『バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)』の分析。VTI、楽天VTIそれぞれのメリットは?

どうも、ぼーやんぐです。 米国籍のETFに投資するハードルが徐々に下がってきており、今では誰でも気軽に米国籍の株式やETFに投資することができます。 そんな中でも特に多くの投資家から人気を集めている『バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(V…

不動産に投資するならJ-REITにした方が良い理由とは?

どうも、ぼーやんぐです。 不動産投資は毎月安定した家賃収入があるため、不労所得を得るのに適した投資方法と言えます。 しかし今後の日本は人口減少が長期間続くと予想されているため、空室リスクが高くなります。 また多額のローンを組むことも非常にリス…

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)が新規設定。投資対象としてどうか検証しました。

どうも、ぼーやんぐです。 最近の投資信託はレバレッジ型バランスファンドがトレンドですね。 最初に設定された日興アセットマネジメントが運用するグローバル3倍3分法ファンドでは毎月200億円以上の資金流入があるほど人気です。 そんな中、新たに楽天投信…

野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型がおすすめできない理由とは?

どうも、ぼーやんぐです。 SBI証券のつみたてNISA月間積立設定件数ランキングで野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型が急上昇し、ベスト10に入ってきました。 どんなファンドなのか詳細を確認しながら、つみたてNISAで投資しても良い…

リートに投資するならeMAXIS Slim国内リートインデックス、先進国リートインデックスがおすすめ

どうも、ぼーやんぐです。 eMAXIS Slimシリーズより近年好調のリート(不動産)を投資対象としたインデックスファンドがついに新規設定されることになりました。 eMAXIS Slim国内リートインデックス eMAXIS Slim先進国リートインデックス eMAXIS Slimシリーズ…

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)、全世界株式がやっと信託報酬引き下げを発表

どうも、ぼーやんぐです。 eMAXIS Slimシリーズより、米国株式(S&P500)と全世界株式(オールカントリー、除く日本、3地域均等型)の4ファンドの信託報酬引き下げが発表されました。 早速詳細確認していきましょう。 // eMAXIS Slim米国株式(S&P500)、全世界株…

地震や水害に備えて生活防衛資金の準備をしておくことが大切

どうも、ぼーやんぐです。 最近、大きな災害が多いですね... 災害はいつどこで起きるか分からないので、避けるのも難しいです。 日頃から、災害に備えて準備しておくことが大事です。 特に被災した際にお金があるのと、無いのとでは生活も大きくことなります…

貯金が増えず悩んでいる人へ。貯金をする3つのコツとは?

どうも、ぼーやんぐです。 貯金をしようと思っても、気づいたら今月もお金が残らなかったっていうこと、よく有りますよね。 今回は貯金が出来ずに悩んでいる方向けに、貯金のコツを紹介してこうと思います。 // 貯金ゼロ世帯が増えている 貯金をする3つのコ…

『チーズはどこへ消えた?』環境の変化に悩んでいる方におすすめの1冊

どうも、ぼーやんぐです。 普段の生活の中で、大きく環境が変わることってありますよね。 例えば、働いている会社の業績が急に悪くなりリストラになりそうとか、今まで上手くいっていた恋人から急に別れを告げられたりなどなど... ぼーやんぐも以前勤めてい…

レオスから世界の株式に投資する『ひふみワールド』が新規設定。投資しても大丈夫なのか?

どうも、ぼーやんぐです。 国内アクティブファンドの中で特に人気の高い『ひふみ投信』を運用するレオス・キャピタルワークスから2019年10月8日に新ファンドが設定されました。 ファンド名は『ひふみワールド』。 名前の通り日本を除く世界の株式が投資対象…

つみたてNISAは20年後に売却しなくても、非課税のメリットを得ることができる

どうも、ぼーやんぐです。 つみたてNISAは投資をしてから20年間の運用益が非課税になる制度です。 そのため、20年以内に売らないと非課税のメリットが無くなると考えている方も多いようですね。 でも、20年以内に売らなくても非課税のメリットはしっかりと得…

投資初心者が1,000万円の資産運用をするならインデックス投資

どうも、ぼーやんぐです。 増税や年金問題で資産運用に興味を持つ人が増えてきています。 ただ、資産運用といっても様々な方法があり、もし失敗すれば、せっかく貯めた貯金も大きく減ってしまいます。 そのため、なるべくリスクを抑えた運用が求められます。…

20代が投資をはじめるならインデックス投資にするべき3つの理由

どうも、ぼーやんぐです。 投資はなるべく早くはじめた方が良いと言われています。 投資期間が長いほど、複利の力を発揮できますしね。 最近は20代で投資をはじめる方も増えてきているようです。 様々な投資方法がありますが、20代で投資をはじめるならイン…

三菱UFJ国際 トルコ債券オープン(毎月決算型)為替ヘッジなしのリターンが60%越え!

どうも、ぼーやんぐです。 三菱UFJ国際が運用しているトルコ債券オープン(毎月決算型)為替ヘッジなしが絶好調です。 2018年8月にトルコリラが暴落し、誰も近づかなかったトルコ関連銘柄ですが、過去1年の騰落率が60%を超えています。 まさに『人の行く裏に道…

ニッセイ日経225インデックスファンドを基本情報と運用成績から徹底分析

どうも、ぼーやんぐです。 日経平均に連動したファンドの中で、特に純資産総額が大きいファンドがニッセイ日経225インデックスファンドです。 純資産総額が大きいファンドの方が運用が安定しており、途中償還の心配もないので、ファンド選びの際に重要となり…

インデックス投資で配当金をもらう3つのメリット

どうも、ぼーやんぐです。 昨今、高配当株投資が人気ですね。 ぼーやんぐも3銘柄ほど個別株を保有していますが、定期的に配当金が受け取れるのは、嬉しいです。 そんな配当金ですが、実はインデックス投資でも貰えているんですよね。 現金で受け取ることはで…

お金の使い方は遺伝する!? 子どもにお金の良い習慣がつく3つの方法

どうも、ぼーやんぐです。 2018年に行われたバークシャー・ハサウェイの株主総会で8歳の子がウォーレン・バフェットに投資について質問をしていたそうです。 そんな小さい子が投資に興味を持つのは遺伝なのか、環境なのでしょうか? 今回は子どもにお金の良…

プレミアム付商品券で絶対に損をしない使い方とは?

どうも、ぼーやんぐです。 10月1日から消費税が8%から10%に引き上げられますね。 10月以降、お金を使う人が少なくなるため、一部の世帯ではプレミアム付商品券と言われる、ちょっとお得な商品券が購入できるようになります。 今回は、そのプレミアム付商品券…

インデックス投資を失敗しないための2つのコツ

どうも、ぼーやんぐです。 投資に失敗は付き物です。 リスクの高い銘柄やファンドに投資していれば、大きな損失を出してしまう場合もあります。 しかし、インデックスファンドで世界に分散投資をしていれば、20年、30年続ければ元本を割る可能性は限りなく低…

給料が少なくてもお金持ちになれる方法

どうも、ぼーやんぐです。 サラリーマンの手取りが年々減少しています。 でも悲観的にならなくても、きっちり対策をすればある程度の資産は築けます。 今回は給料が少なくてもお金持ちになる方法を考えていこうと思います。 // サラリーマンの手取りは減少し…

楽天・全世界株式インデックス・ファンドの分析。米国バンガード社のVT(ETF)に投資できる投資信託。

どうも、ぼーやんぐです。 海外のETFに投資するには、ある程度の資金が必要ですし、課税面の問題もあります。 しかし、楽天×バンガードシリーズは投資信託を利用して、米国バンガード社のETFに投資することができます。 今回はその中でも人気の高い楽天・全…

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(VT)の実質コストが大幅に改善!

どうも、ぼーやんぐです。 楽天・全世界株式インデックス・ファンドが2期目の決算報告書をアップしました。 1期目の決算時には実質コストが異常に高く話題になりましたね。 では、早速2期目の決算内容と実質コストを確認していきます。 楽天・全世界株式イン…

【投信】楽天・全米株式インデックス・ファンドの分析。S&P500とどちらに投資するべきか?

どうも、ぼーやんぐです。 今回は楽天・全米株式インデックス・ファンドという米国全体の株式に投資できるファンドを紹介します。 昨今の米国株ブームの影響もあり、投信でも米国株に投資できるファンドが増えてきています。 その中でも特におすすめなのが楽…