子どもとおカネの話をするときの14のルール。"『おカネの天才』の育て方"を読んで

f:id:bo-yang:20180716063144j:plain

こんにちは。ぼーやんぐです。

子どもにおカネの話をしたり、使い方などを教える時に、どの様にしたらいいか悩みますよね。

そんな悩みを解決してくれそうな1冊『おカネの天才』の育て方という本に出会いました。今回はその本の中の"子どもとおカネの話をするときの14のルール"をご紹介します。

 

子どもとおカネの話をするときの14のルール。

f:id:bo-yang:20180716063255j:plain

 1.早い時期からおカネの話を始める。

子どもは3歳になるとおカネの概念を理解できる様になると、研究で証明されています。 また、価値や交換の概念も分かり始めます。

買い物に行っておカネを支払うときに、何故おカネを払うとモノを買うことが出来るのか、ATMでお金を引き出すときに、どこからおカネがくるのかなど、少しづつおカネの話を始めることが大切です。

3歳になったらお金について簡単なことからでも伝えていけるといいですね。

 

2.年齢に見合ったことを教える。

おカネについては、本当のことを言うのが大切ですが、子どもの年齢に応じた内容にするべきです。

例えば仕事を失い収入が無くなったときに、小さい子どもには家を売らないと食べていけないなど、追い詰められていることを打ち明けるよりは、『外食は高いからおうちでご飯を食べようね』とか『遊園地に行けないから公園で遊ぼうね』と伝えた方がいいです。

同じ状況でも高校生の場合、大学の学費を準備するのが難しくなったからアルバイトをして欲しいと伝えたり、奨学金の話をすることも大切です。

ただ、子どもにおカネの話をする時には、本当のことを話すべきですが、家族は大丈夫だと安心させてあげることも重要です。

 

3.エピソードを話す。

子どもに『あなたのためだから』と上から話をすると、話を聞いてくれないどころか、逆のことをされてしまいます。

それよりも、自分や友達などが経験したおカネにまつわるエピソードを絡めて話をするとことで子どもの心にも響きます。

 

4.数字を使う。

おカネの話をするときに、具体的な数字を出すと理解しやすい。

『若いときからインデックスファンドに投資をするといいよ。』と言うより、『22歳から毎月3万円をインデックスファンドに投資すれば、65歳になった時には5000万円以上になるんだよ。』と伝えると子どももテンションが上がります。

 

5.自分のおカネの失敗について嘘は駄目だけど、話しすぎない事も大切。

誰でも1度はおカネにまつわる失敗をした事があると思います。

ぼーやんぐなら、前の会社の退職金を全てブラジル国債に投資をし、その後レアルが暴落してしまい、投資金が半分近くになったことなど、いろいろ有ります。

過去の失敗談は美化されて話してしまったり、子どもに間違って伝わる事もあるので、どの失敗談を話すのか慎重に選ぶ必要がありますね。

 

6.いくら持っているか誤魔化さない。

買い物に行った時に、『あれが欲しい』、『これが欲しい』とダダをこねられると、『今日はおカネが無いから今度ね』と誤魔化してしまう方も多いと思います。

でも、子どもは"ウソ"とすぐに分かります。

もし今までに一緒にATMに行って、おカネを引き出した事があったり、クレジットカードで支払いしてたら子どもは買えると思ってしまいます。子どもは思っている以上に親の行動を見てますし、賢いです。

そして"ウソ"をつく事で子どもは親の言葉を怪しみ続けます。

では、どうしたらいいかと言うと誤魔化さず本当の気持ちを伝える事です。

例えばチョコレートが欲しいとダダをこねたら、『虫歯になるから食べて欲しくない』などしっかり理由を説明する事が大切です。諦めるのに時間がかかりそうですが、ウソをつくより良いです。

 

7.親のおカネの扱い方を言い訳にしない。

よく、親のおカネの扱い方が良くなかったらから、自分もおカネを上手に扱う事が出来ないという人がいます。

でもそれは自分の問題を親のせいにしているだけです。

しかも、それを理由に自分の子どもにおカネについて教える事を避けたり、おカネに対してネガティブな態度を見せることは絶対に避けて欲しいです。

まずは"前向きなふり"でいいからおカネと向き合う事が大切です。

 

8.夫婦間のおカネの問題は、子どもに見せないようにする。

大学生を対象にした調査で、子どもの頃に親同士が頻繁におカネの事でもめていた人は、おカネのもめ事がなかった人よりも3倍の確率で借金あるという結果が出ています。

なので、夫婦間でおカネのもめ事があっても、子どもの前では、なるべく隠すべきです。また、子どもに使うおカネに対しても、子どもの前では一致した態度をとるようにすべきです。

例えば子どもがパソコンが欲しいと言った時にはまず、両親でどうするかを話し合い、その結果を子どもに伝える事が大事です。子どもの前で『いい』とか『ダメ』とか決めると子ども『賛成』してくれる親の味方につくので、反対する親との関係がこじれる恐れもあります。

おカネに関する事で子どもが混乱しない様に両親の意見を合わせてから子どもに伝える事が大切です。

 

9.子どもにおカネを与えすぎると、おカネのスキルが身につかない。

子どもに不自由な生活をさせたくないと、小さい時から好きな物をたくさん買い与えたり、学費も惜しみなく支払ったり、高校や大学に入ってもお小遣いをあげたりしている方いるんじゃないでしょうか?

おカネの事で長年甘やかして育てていくと、いざ大人になった時に困るのは子ども本人です。親からの援助が切れた子どもは全く知らない外国に置き去りにされた様なものですね。そして困り果てて借金をしてしまう事があります...

勉強やしつけと同じ様に小さい時からおカネの事を一緒に考えたり、心構えをさせる事が必要ですね。

 

10.おカネの話は家族みんなで参加する。

子どもがお金の質問をしてくると、分からなかったり、面倒くさかったりして『ママに聞いてね』とか『パパに聞いてね』と突き放してしまう事があると思います。

もし両親ともにそう答えたら子どもはおカネについて何も知る事が出来ず将来おカネに困った生活を送る事になるかもしれません。

日ごろから家族でおカネの話をしたり、子どもの質問もしっかり受け止めることが大切です。

 

11.男女格差を作らない。

両親がおカネの話をするのは娘より息子のが多いという調査結果が出ています。

男性は将来、家族を養っていかなければならないという思いから両親は息子に多くの話をするんだと思います。

でもそうなると女性は社会に出た時に不利になり、男性以上におカネに苦労する可能性が高くなります。

男の子でも女の子でもおカネの話は男女関係なしに話をするべきです。

 

12.他人と比較しない。

モノを追いかけ、目の前の満足を欲しがり、メディアに踊らされる文化の中で生きていると、他人と比べてしまう事がある。

友達は毎週素敵なレストランに行ってるとか、人気のブランドを持っているなどなど...他人の生活がよく見えたり、逆に見下したりしてしまい嫌な気持ちになる。

だから他人のおカネの使い方と比べないようにして欲しいです。

自分と他人を比べても結局幸せになれないです。

 

13.おカネの話を日常に織り込む。

親が一方的に子どもにおカネを話をしようとすると、子どもは聞いてくれないですし、おカネの使い方を強制しようとすると反発され親子関係が悪化してしまいます。

おカネの話は日常生活の中にうまく織り込む事が大切です。

例えば、お年玉をもらったら...好きなモノを買う場合、同じモノでもお店とインターネットによって値段が違うことを教えたり、貯金の場合は金利がつくことを教えたりすれば子どもも自然におカネに興味を持つキッカケになります。

 

14.子どもに話していることは自分も守る。

子どもに『無駄遣いはダメ!』とか『貯金しなさい!』と言っておきながら、子どもの目の前で衝動買いを繰り返していたら、子どもは納得しないし、口だけの親と思われます。

子どもに話したり、注意している事は、子どもの前では必ず自分も守ることが大切です。

 

さいごに。

f:id:bo-yang:20180716062133j:plain

14つのルールみてきましたが、いかがですか?

ぼーやんぐとしては子どもにおカネの話をする事は”本当に難しいな”というのが一番の感想ですね。言葉で言うだけなら簡単ですが、なかなか納得してもらえないと思います。

誰もが完璧におカネを管理したり、欲を抑えたり、おカネを使いこなす事は難しいと思います。子どもに教える前に、まずは自分自身を変えて行動で示す事が一番大切なのかなと思います。

おカネの使い方や考え方で人生変わります。自分自身、子ども、家族がおカネに惑わされない生活ができる様に少しづつ勉強したり、改善していきたいですね!

 

 

↓関連記事です。

www.boyang-boyang.com

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので、応援頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

 


投資信託ランキング