eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)新規設定。日本を含む世界の株式に投資できるファンドが登場。

f:id:bo-yang:20181017132433j:plain

どうも、ぼーやんぐです。

eMAXIS Slimシリーズから世界の株式に投資出来るファンドの第三弾が10月31日に新規設定されます。

今回は日本を含む全世界の株式に時価総額加重平均比率で投資できるファンドになります。

eMAXIS Slimは楽天・全米株式に続いて、今回は楽天・全世界株式に勝負を挑みましたね。

さてどんなファンドになのか早速見ていきましょう。

 

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の基本情報

f:id:bo-yang:20180928055000j:plain

投資対象

ベンチマークはMSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)になります。

日本を含む先進国23カ国と新興国23カ国の全46カ国の株式、約2,500銘柄から構成されている時価総額加重平均型の株価指数になります。

世界の株式市場の約85%をカバーしています。

 

各国の比率は下記の通りになっています。

米国が約半分を占めており、次いで日本が8.02%と2番目に多い比率となっています。

 f:id:bo-yang:20181017130109p:plain

(出展:MSCI )

 

資産クラス別では先進国 約81% 新興国 約11% 日本 約8%の割合になります。

また、資産クラスごとにマザーファンドが独立しており、下記がそれぞれのベンチマークになります。

先進国 :MSCIコクサイ・インデックス

新興国:MSCIエマージング・マーケット・インデックス

日本:MSCIジャパン・インデックス

ここで気になるのは日本のベンチマークです。

eMAXISシリーズ(Slim含む)は今まで、国内株式の指数はTOPIXを使用していました。

しかし、今回はあまり聞き慣れないMSCIジャパン・インデックスという指数を使用しています。

国内ではほとんど使われていない指数となっており、それに伴ってマザーファンドも新規で設定するようです。

TOPIXと値動きも大きく変わらないようなので、敢えて新しくマザーファンドを作るほどでもないと思いますが...

 

コスト

次に気になるコストです。

購入手数料、信託財産留保額はなしです。

信託報酬は0.15336%(税込) となっています。

eMAXIS Slimシリーズ定番の純資産総額によって信託報酬の減額もあります。

500億円以上1,000億円未満の部分  0.14796(税込)

1,000億円以上の部分 0.14256%(税込)

 

eMAXIS Slimシリーズの全世界株式『除く日本』と『3地域均等型』と同じコストになっています。

また、eMAXIS Slimシリーズの先進国、新興国、国内株式(TOPIX)を個別で組み合わせた場合、0.13154%(税込)と0.02%ほど安くなりますが、リバランスなどの手間を考えると気にしなくてもいい差だと思います。

 

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は投資対象としてどうか。

f:id:bo-yang:20180915065512j:plain

1本で世界中の株式に投資できるということは、初心者や、なるべく少ないファンド数で運用したり、投資に時間をかけたくない方には最適なファンドだと思います。

自動積立の設定をすれば、リバランスも不要ですし、ほとんど何もすることが無くなります。

 

 気になるのは、『全世界株式』の中で現状、楽天VTの1人勝ちという状況です。

下記の表を見ても分かる通り圧倒的な差になっています。

ファンド 純資産総額 信託報酬
楽天VT 140億円 0.2296%
SBI全世界 13.3億円 0.15%
Slim オールカントリー 0.15336%
Slim 除く日本 25億円 0.15336%
Slim 3地域均等型 5.5億円 0.15336%

(2018年10月19日現在)

他のファンドの方が設定されてから日が浅いということもありますが、資産流入の勢いがかなり弱いです。

この状況で『オールカントリー』は資産流入が見込めるのか非常に気になるところです。

またeMAXIS Slimシリーズでは『全世界株式』のファンドが3つもあるので、資金流入も分散されてしまいます。

手間はかかりますが、先進国、新興国、国内株式を個別に投資した方が償還リスクは低くなりそうです。

 

信託報酬でみるとSBI全世界が最安となってますが、Slimオールカントリーと比べても100万円の投資でも、年間33円ほどの差なので、気にしなくていいでしょう。

また、SBI全世界は楽天VTと同じくETFに投資する仕組みとなっています。

楽天VTの実質コストが0.5%を超えていたことを考えると、SBI全世界も高くなる可能性はありそうです。

 

では、『全世界株式』の中でどのファンドがいいのか?

 

現時点ではSBI全世界は償還リスクが高いので避けたいところです。

そうなるとSlimオールカントリーと楽天VTの一騎打ちとなります。

現時点では、コストで考えると『Slimオールカントリー』、償還リスクを小さくしたい場合は『楽天VT』となります。

Slimオールカントリーの資金流入がどこまで勢いが有るのかが、大きな鍵となりそうです。

ただ、楽天VTのような勢いは出ないのかなと思ってしまいます。

 

個人的には長期で見たときに国内の成長があまり期待出来ないので、オールカントリーよりも『Slim 除く日本』がいいと考えています。

  

さいごに。

f:id:bo-yang:20180716062133j:plain

eMAXIS Slimシリーズでは既に2つの『全世界株式』が出てたので、まさか『オールカントリー』が出るとは思いませんでした。

『除く日本』 があるので、敢えて『オールカントリー』を作る必要があったのかなとは思います。

とはいえ、1本で日本を含む世界の株式に投資できるファンドとしては魅力的です。

あとは資金流入次第ですね。

どこまで楽天VTの牙城を崩せるのか楽しみです。

10月31日を待ちましょう。

 
まとめ

1本で世界中の株式に投資できる魅力的なファンドです。

でも資金流入のチェックは忘れずに!

  【関連記事】

 

最後までお付き合いありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ