バランスファンドがダメな4つの理由と対策。

f:id:bo-yang:20180517114223j:plain

どうも、ぼーやんぐです。

前回、債券への投資について考えてみて、現状の答えは今のところバランスファンドの比率を増やす事です。

そんなバランスファンドについて調べてたところ、ぼーやんぐの答えが揺るぎそうな記事を見つけました...

3年前くらいの記事ですが、山崎元さんが書かれた『バランスファンドが本質的にダメな理由』という記事です。バランスファンドがダメな4つの理由が記されてました。

早速どうゆう内容か確認してみます。

 

1.リスクの大きさ、内容が把握しにくい。

f:id:bo-yang:20180615131849j:plain

バランスファンドに投資をしていて、各資産クラスにどれだけ投資をしているか把握していない投資家が多い。

また定期的に発表される報告書でしか内容を把握出来ない為、自分がどの程度のリスクを取っているかも把握しにくい。(山崎元さんの記事から抜粋)

バランスファンドだとリスクも抑えられており、1本で分散できるからでこれでいいだろう的な感じで投資されている方も多いと思います。

それだと、自分がどの程度のリスクを背負っているのか把握せずに投資をしていることになります。

どの資産クラスにいくら投資をして、どれくらいのリスク、リターンがあるのかを、把握した上で投資する事が大事ですね。

また、定期的に出る報告書をしっかり確認する事も重要です。

 

2.リスクの大きさ、内容のコントロールが難しい。

f:id:bo-yang:20180615131056j:plain

バランスファンドは資産配分が決まっていて、各投資家が変更する事が出来ません。

その為、リスクの大きさを変更しようとした時にコントロールする事が難しい。(山崎元さんの記事から抜粋)

この問題は、他のファンドを組み合わせたり、無リスク資産(現金、保険等)の割合で調整する事が出来ます。

例えば株式50%債券50%のバランスファンドに投資していて、株式の割合を70%に増やしたい場合は、バランスファンド60%、株式ファンド40%の割合で投資すれば解決できます。

バランスファンドの正確な資産配分はリアルタイムでは把握出来ないので、多少のブレは出ますが、個人で投資する上では気にするほどではないと思います。

 

3.コストが割高。

f:id:bo-yang:20180605160435j:plain

個別ファンドに比べてコストが高い為、個別ファンドを投資家自身で組み合わせた方がいい。(山崎元さんの記事から抜粋)

以前はバランスファンドはコストが高かったですが、今はだいぶ安くなってきています。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)は信託報酬0.159%(税抜き)です。

個別ファンド並みの安さになっており、今後さらにコストは下がっていくのかなと思います。

これは時代が解決してくれてますね。

 

4.アセットアロケーションの特別な能力は誰にもない。 

f:id:bo-yang:20180704064723j:plain

プロが運用していても、確実に資産が増えたり、安定した運用をし続けれる事は困難。

将来の株価や債券価格を予測し、どちらかの資産が上がる前に比率を高める事が出来るノウハウは存在しない。(山崎元さんの記事から抜粋)

これはその通りで、どの資産クラスが将来有望なのかは誰にも分かりません。

なので、世界中をカバーしている株式と債券のバランスファンドに投資をして、淡々と積立を続ければ、世界の発展とともに、恩恵を受け取れると思います。

ただ、簡単だからとか、ネットに紹介されていたからという理由で買うと値段が下がった時に不安になるので、自分なりの投資理由を見つけた上で投資することが大切です。

 

さいごに。

f:id:bo-yang:20180704063325j:plain

以上4つの理由を見てきましたが、山崎さんは「1つのファンドに投資すれば、簡単に世界に分散出来て、手間もかからず簡単に資産が増えるという安易な考えで投資をするのは危険」と言いたいのかなと思いました。

ウォーレン バフェットの『自分の理解できない事業には投資しない』と同じで、どんな投資でもしっかりと内容、リスクを把握した上で投資する事が重要という事ですね。

しっかり内容を把握出来ていればバランスファンドは魅力的な投資先の1つになると思います。

 

【関連記事】

www.boyang-boyang.com

www.boyang-boyang.comwww.boyang-boyang.com

 

最後までお付き合いありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので、応援頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ