【バランスファンドの出口戦略】早めの準備が大切

f:id:bo-yang:20181020233826j:plain

どうも、ぼーやんぐです。

twitterなどを見ていると、最近インデックス投資が少しづつ広まり、新しく積立を始めてる方が増えてきているように感じます。

初めてファンドを選ぶ時に候補に上がるのがバランスファンドです。

株式、債券、REITなどをまとめて1本のファンドで投資できるので非常に便利で初心者にも人気のようです。

ただ、投資する場合は便利ですが、出口を意識した際に扱いにくくなります。

今回はバランスファンドの出口について考えていこうと思います。

 

 バランスファンドは買うときは便利。

f:id:bo-yang:20181020234140j:plain

バランスファンドは複数の資産クラスを1つにまとめた幕内弁当のような商品です。

1つのファンドで世界の株式や債券、時にはリート(不動産)やコモディティ(商品)も一度に味わえるお得な商品になっています。

以前はそんなバランスファンドもコストが高く、投資対象としては敬遠されがちでした。

しかし最近は低コスト化が進み信託報酬0.2%以下で投資できるファンドも多くあります。

個別ファンドともほとんど変わらないコストになってきているので、投資対象としても人気になってきています。

 

バランスファンドの最大のメリットはリバランスが不要ということです。

あらかじめ決められたバランスになるよう、ファンドが自動的にリバランスを行なってくれます。

例えばeMAXIS Slimバランス。

左側が基本配分、右側が9月末時点でのバランスになっています。

多少ずれていますが、ほぼ基本バランス通りに運用されています。

8資産もあると管理や個別でリバランスを行うのも大変ので、なるべく多くの資産クラスに分散したい投資家にとっては利便性の高いファンドになっています。

f:id:bo-yang:20181020054302j:plain

(出展:eMAXIS Slimバランスマンスリーレポートより)

 

また、リバランスに自信がない初心者や、投資に時間をかけたくない投資家にとっても選択しやすいファンドになります。

積立の自動設定をしてしまえば、償還がない限り20年間、30年間でも放置しているだけ運用ができてしまいます。

それならバランスファンド1本でいいやと思ってしまいますよね。

でも、投資をする上ではいいんですが、出口を意識した時に問題が生じます。

事項ではその問題について考えていこうと思います。

 

 

バランスファンドの出口問題について。

f:id:bo-yang:20181020234439j:plain

バランスファンドのメリットは十分に理解した上で、出口にどんな問題があるのか考えていきます。

当たり前ですが、バランスファンドの1番のデメリットはバランスの変更が出来ないということです。

リバランスを自動的にしてくれるのでバランスは常に一定です。

 

何が問題かというと通常、出口が近づくにつれて、リスクを下げたくなりますね。

リスクを下げたくなるということは株式を減らして、債券を増やす必要が出てきます。

でもバランスを変更することはできません。

バランスファンドだけでリスクを下げるとなると『売却』という1つの選択肢しかないんです。

もちろん売却して現金比率が増えれば、ポートフォリオ全体のリスクは下がりますが、保有しているファンド自体のリスクは変わりません。

出口直前での大きな下落が怖いので、多めに売却し、現金比率を上げることで、リスクは下がりますが、運用がそこでストップしてしまうので機会損失につながります。

資産を取り崩すしながらも、運用を続ければ資産が尽きるまでの時間を遅らせれることも出来るので、なるべく市場に居続ける方がいいと思います。

ではどんな方法があるのか事項で考えていきます。

 

どんな対策方法があるのか?

f:id:bo-yang:20181011160753j:plain

1番簡単で分かりやすいのは『債券ファンド』を新たに買い、リスクを抑えることだと思います。

ただ個人的には一旦売却してその資金で再度債券のファンドを買うのは課税の面でも不利なので、あまりしたくないです。

また、売却資金ではなく、新たにキャッシュを入れる場合、積立額が大きいほど多額のキャッシュが必要になるので、現実的ではないと思います。

 

そうなると、ある程度前から出口を意識して債券ファンドの積立も両立する必要が出てきます。

例えば先ほどのeMAXIS Slim バランスに積立している場合、債券比率は37.5%です。

それを65歳には債券比率を70%にしたいと考えるなら、積立資金を何歳から、いくら債券ファンドに振り分ける必要があるのかを考えないといけません。

それが面倒な場合、最初から株式30%債券70%のバランスファンドに投資すれば、出口は簡単になるかもしれません。

でも株式比率が少ない分、リターンは小さくなってしまいます。

 

そう考えると1つのバランスファンドのみで最後まで運用するのは、リスクとリターンの関係を考えると、あまりオススメできる方法ではないと思います。

早い段階で債券ファンドなどを新たに組入して、出口に向けてリスクのコントロールをすることが大切になってきます。

 

さいごに。

f:id:bo-yang:20180716062133j:plain バランスファンドは1本で世界中の株式や債券などに投資が出来、リバランスも不要なことから初心者にとっても投資しやすいファンドと思われてます。

でも出口を意識するとそうとも言いきれなさそうです。

結局、複数のファンドに投資をして、ある程度リスクとリターンを自分自身でコントロールする必要が出てきます。

ぼーやんぐは『買う』ことよりも『売る』ことの方が何倍も難しく、重要だと思うので、出口を意識してファンドを選ぶことが大切だと思います。

  

まとめ

●バランスファンドは買うときは楽でいいけど、出口のリスクをコントロールしにくい。

●出口を意識して早い段階から債券ファンドを組み入れるなど対策を取ることが大切。

 

【関連記事】

  

最後までお付き合いありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ