【eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)を徹底分析】国内のインデックスファンドに投資は必要か?

f:id:bo-yang:20181128102209j:plain

 どうも、ぼーやんぐです。

アベノミクス効果により、ここ5~6年で日経平均もだいぶ上がりました。

10月には24,270円という高値もつけ、リーマンショック直後が7000円台だったことが信じられないほどです。

バブル崩壊から30年近く経ち、ようやく日本の株価も上昇をしていくのでしょうか?

 

ただ、心配事は山ほどあります。

日銀がETFを買っていることで、株価を押し上げていたり、超高齢化に向かっていたり、人口もどんどん減少していくなど、日本にとって大きな問題が山積みとなっています。

 

その上で、インデックス投資で世界に分散投資する場合、国内株式を入れるべきなのか、非常に悩むところです。

今回はそんな国内株式に投資するファンドeMAXIS Slim国内株式(TOPIX)を分析しながら、投資対象としてどうなのか、考えていこうと思います。

 

 

 

 eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)の基本情報

f:id:bo-yang:20181206115115j:plain

投資対象

投資対象は日本の株式、ベンチマークはTOPIXとなっています。

TOPIXとはTokyo Stock Price Indexの略で、東京証券取引所第一部に上場している全2108銘柄(2018年12月5日時点)を対象とした株価指数です。

日経平均に比べ、より広範囲をカバーした指数になります。

 

また、TOPIXと日経平均は算出方法が異なります。

簡単に言うとTOPIXは時価総額(発行株式数×株価)で算出されるのに対して、日経平均は単純平均(225銘柄の株価合計を225で割る)で算出されます。

そのため、日経平均は株価の高い銘柄の影響を受けやすくなり、ボラティリティーが高くなる傾向があります。

日経平均が日本を代表する指数ですが、TOPIXの方がより日本全体の経済状況を示す指数と言えそうです。

 

下記は2018年10月末時点での組入上位10銘柄です。

誰もが知る有名企業ばかりが上位を占めており、世界のトヨタ自動車がダントツの1位となっています。

日経平均ではファーストリテイリングが構成比率で1位ですが、TOPIXだと上位15位にも入っていません。

時価総額と株価単純平均では構成比率も大きく異なることが分かります。

f:id:bo-yang:20181205223356p:plain

 

下記は業種の組入比率です。

米国では情報、通信などのインターネット関連業種が強いですが、日本はまだまだモノ作りが強い国となっています。

この先、日本の企業でもAppleやGoogleなどの様に世界で活躍できる企業が出てくるのを期待したいです。

f:id:bo-yang:20181205223317p:plain

(出展:eMAXIS Slim国内株式(TOPIX))

 

コスト

次にコストを確認していきます。

eMAXIS Slimシリーズらしく安定の低コストファンドとなっています。

また、eMAXIS Slimシリーズ定番の純資産総額に応じて、コストダウンする設定になっています。

間違えやすいですが、500億円を超えても500億円までの部分は0.17172%のままで、500億円以上の部分のみが0.16632%となりますので注意してください。

買付手数料 なし
信託財産保留額 なし
信託報酬 500億円未満の部分 0.17172%(税込)
信託報酬 500-1000億円の部分 0.16632%(税込)
信託報酬 1000億円以上の部分 0.16092%(税込)

 

同じTOPIXをベンチマークにしたファンドではニッセイTOPIXインデックスファンドがeMAXIS Slim国内株式(TOPIX)と全く同じ0.17172%(税込)となっています。

その後にはたわらノーロードTOPIXiFree TOPIXインデックス0.1836%と続いており、低コストファンドが多く選択肢も多いです。

 

運用成績 

2017年2月27日に設定されたファンドで、運用開始から1年半以上が経過しています。

1年半の運用で純資産総額は57億円(2018年12月5日時点)とeMAXIS Slim 先進国株式などに比べると、勢いは弱いです。

ただ、毎月3億円前後の流入は継続されているので、現時点では償還の心配はないのかなと思います。

 

次に騰落率ですが、2017年が好調だったこともあり、設定来では10.29%とプラスを維持していますが、過去1年から1ヶ月までは全てマイナスとなっています。

米国ハイテク銘柄の下落に吊られて、国内株式も下落しており、過去1ヶ月では9%以上のマイナスとなっています。

気になるのはベンチマークとの乖離です。

設定来で4%以上というのは異常ですが、ここ最近は乖離も少なくなってきているので、心配無さそうです。

f:id:bo-yang:20181205233011p:plain

f:id:bo-yang:20181205233001p:plain

(出展:eMAXIS Slim国内株式(TOPIX))

 

 

 eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)の競合は?

f:id:bo-yang:20181206121407j:plain

競合となっているのは、コスト面でも紹介したニッセイTOPIXインデックスファンドです。

たわらノーロードTOPIXiFree TOPIXインデックスもほとんどコストが変わらないため、競合と言えますが、純資産総額が全然集まってないです。

償還の心配もありますので、TOPIXに投資するならeMAXIS Slimニッセイのどちらかが良いでしょう。

  eMAXIS Slim ニッセイ
設定日 2017/2/27 2015/4/27
ベンチマーク TOPIX TOPIX
信託報酬 0.17172%(税込) 0.17172%(税込)
純資産総額 57億円 210億円
トータルリターン(1年) -4.91% -4.93%

ベンチマーク、コスト共に同じとなっているため、どちらに投資してもほぼ同じパフォーマンスとなります。

運用面でトラッキングエラー(指数との乖離)をすることもありますが、微々たる差なので、気にする必要は無さそうです。

 

大きな差が出ているのが純資産総額です。

ニッセイは設定日が2年ほど早いためeMAXIS Slimの4倍ほどの純資産総額を集めています。

今年に入ってからの資金流入でもeMAXIS Slimは毎月3~4億円程度ですが、ニッセイは7~8億円程度と倍近い資金が流入しています。

SBI証券の売れ筋ランキングでもeMAXIS Slimが25位に対して、ニッセイは10位と人気の差も出ています。

投資信託のファンドは先行者が有利になることが多いので、eMAXIS Slimがさらなるコストの値下げをしない限り、ここから追いつくのは難しいかもしれません。

ただ、57億円集まっていますし、安定した流入もあるので、償還の心配は今のところは大丈夫そうです。

 

ニッセイの方がより安定した運用を望めますが、正直好みの問題で選んでいいと思います。

eMAXIS Slimシリーズは他社に追随してコストを下げるので、コストにこだわる場合はeMAXIS Slimが有利だと言えそうです。

 

 eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)をおすすめ出来ない理由

f:id:bo-yang:20181206121807j:plain

国内株式(TOPIX)に投資する場合2つのファンドに絞られました。

ただ、投資信託で長期投資する場合、世界に分散して投資するのがセオリーですが、国内株式を入れる必要があるのか?疑問を感じます。

 

理由の1つが日本国内の人口減少と超高齢化です。

つみたてNISAの投資期間が終わる20年後の2040年の予想では人口は1億1100万人にまで減少します。(2018年11月時点では1億2600万人)

今後20年で1500万人も人口が減少します。

 

高齢化では約3人の1人が65歳以上となり、高齢者と生産年齢人口の比率が約1対1.5になります。

ということは1.5人で1人の高齢者を支えていくことになります。

そうなれば、税金や保険料なども上がり続けるため、多くの人が消費に回せるお金が減り、日本の経済市場が縮小していくと考えられます。

特に国内だけに目を向けている企業は、この先厳しい現実が待っているかもしれません。

f:id:bo-yang:20181206063619p:plain

(出展:国立社会保障・人口問題研究所

 

もう1つはインターネット関連で世界的な企業が出てこないことです。

米国のように世界にサービスを提供しているアマゾンやグーグルなどのような企業が日本には無いです。(ぼーやんぐが無知なだけかもしれませんが...)

TOPIXの上位銘柄を見ても、今後画期的な製品やサービスを開発して、さらに大きく成長できそうな企業もほとんど無いように感じます。

 

この2点を考えると、米国の様に株価が右肩あがりを続けるのが難しいように感じます。

国内全ての企業の成長が期待出来ないという訳ではなく、指数として、あまり魅力を感じることが出来ないです。

それなら、いっその事アクティブファンドに投資した方が良いのかなと思います。

【関連記事】【MHAM新興成長株オープン(愛称:J-フロンティア) ファンド通信到着】良好なパフォーマンスを継続中

 

世界の時価総額で日本が占める割合は7〜8%ほどです。

大きな影響は無いと思うので、思い切って国内株式は無しにしても良いのではないでしょうか。

 

 eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)のまとめ

f:id:bo-yang:20181120070512j:plain

日本を含め一部の先進国では人口増加が頭打ちとなり、経済成長も期待出来なくなってきています。

しかも年金などの財源を確保するために国の借金も年々増えてきています。

世界中に分散して投資する事が基本ですが、将来に期待出来ない国に投資するのは、

どうなのかなと思ってしまいます。

ぼーやんぐとしては、敢えて投資しないという選択をしても良いのかなと思います。

 

国内を除く先進国と新興国の株式に1つのファンドで投資したい場合はeMAXIS Slim全世界株式(日本除く)がおすすめです。

 

 

どうも、ぼーやんぐでした。

ブログランキングに参加していますので、応援頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ