eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 運用開始から1年半が経過。運用成績を確認しました。

f:id:bo-yang:20181002150813j:plain

どうも、ぼーやんぐです。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)が運用開始してから11月8日で1年半が経ちました。

今ではバランスファンドとして代表的なファンドとなっています。

今回はeMAXIS Slimバランスの基本情報と運用結果を確認しながら、投資対象としてどうか考えていこうと思います。

 

 

 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) の基本情報。

f:id:bo-yang:20180608123409j:plain

投資対象

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)2017年5月9日に運用が開始されました。

投資対象は世界各国の株式、債券及びREITと8つの資産クラスをカバーしており、分散性に優れたバランスファンドとなっています。

1つのファンドで世界中の金融商品に投資することが可能です。

資産配分は下表の通り8資産に12.5%づつ均等に投資されています。

 

f:id:bo-yang:20180622143558j:plain

 

各資産クラスのベンチマークは下表の通りです。

資産クラスそれぞれのベンチマークを組み合わせた合成ベンチマークとなっています。

比率としては日本(国内)が37.5%と一番大きなウェイトを占めています。

f:id:bo-yang:20181203232500p:plain

(出展:eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)月次レポート)

 

コスト

コストは下記の通りになっています。

買付手数料 なし
信託財産保留額 なし
信託報酬 500億円未満の部分 0.17172%(税込)
信託報酬 500-1000億円の部分 0.16632%(税込)
信託報酬 1000億円以上の部分 0.16092%(税込)

※7月25日にニッセイ・インデックス・バランス・ファンドに対抗して信託報酬の値下げが行われました。

 

eMAXIS Slimシリーズでは定番となっている、純資産総額に応じて信託報酬が低くなるよう設定されています。

勘違いしやすいですが、全部のコストが値下がりする訳ではなく、その部分のコストにだけ適応されます。

例えば、純資産総額が700億円集まった場合、500億円は0.17172%のままで、残りの200億円が0.16632%となります。

 

競合ファンドのiFree8資産バランスは信託報酬が0.2376%(税込)となっておりeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)のコストが非常に安いことがよく分かります。

また、ニッセイ・インデックスバランス・ファンド値下げをしてeMAXIS Slim バランスと全く同じ0.17172(税込)となっています。

【関連記事】eMAXIS Slimバランスとニッセイ・インデックスバランスファンド の比較

 

つみたてNISAにも対応していて、これから投資信託を初める方や1つのファンドだけで運用したい方にはピッタリのファンドだと思います。

自分も投資信託に初めて投資したのがこのファンドなので思い入れがあります。

 

運用成績

2018年11月8日で運用開始してから1年半が経過しました。

純資産総額は186億円(2018年12月3日時点)となっています。

 

大きな流出もなく毎月10億円前後の流入があり、現時点では償還リスクも無さそうです。

SBI証券のランキングでは、NISA販売金額が週間7位、積立設定件数も月間6位と人気を維持しています。

eMAXIS Slimシリーズ内では先進国につぎ、2番目に純資産総額が多いファンドとなっています。

 

下記は設定来のチャートです。

2018年1月に最高値をつけましたが、2月の暴落から不安定な値動きとなっています。

アップルをはじめ米国のハイテク銘柄の下落が続いていますので、この先もボラティリティーの高い相場になりそうです。

また、新興国の株式が軟調となっており、その影響も大きいようです。

【関連記事】トルコリラ暴落。eMAXIS Slim 新興国株式は今が買い時か検証

f:id:bo-yang:20181204062326p:plain

(出展:eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)月次レポート)
 

次に騰落率です。

ついに過去1年でもマイナスに突入してしまいました。

資産クラス別で見ると、新興国の株式の下落率が大きいことが分かります。

 

今年からつみたてNISAでeMAXIS Slim バランスに投資を始めた方は含み損になっている投資家も多いと思います。

ぼーやんぐも昨年から少しづつ投資していますが、含み損を抱えた状態です。

ただ、インデックス投資は長期で世界の経済発展に投資する方法です。

直近の値動きは気にせず淡々と積立てていくことが大切です。

f:id:bo-yang:20181204063056p:plain

f:id:bo-yang:20181204063101p:plain

(出展:eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)月次レポート)

 

 

 

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は投資先としてどうか?

f:id:bo-yang:20180608125127j:plain

 1つのファンドで世界中の株式と債券、先進国と国内のリートに投資出来るので、分散性も高く、非常に便利なファンドです。

全ての資産クラスの構成比率が同じなので、将来どの資産クラスが良いリターンを上げても拾える様になっているのは嬉しいです。

その反面、大きな下落をしたり、成長がストップしてしまう資産クラスの影響も受けてしまうのが気になるところです。 

 

リバランスも不要なので、何も考えずに淡々と投資出来るのもメリットです。

今までは好調な株式市場のおかげもあり、右肩上がりを続けてきましたが、今後不安定な市場が続きそうです。

債券が組入されているため、ボラティリティーも抑えられるので、安心して保有もできそうです。

バランスファンドに投資する場合、最適なファンドの1つと言えそうです。

 

気をつけたいのは日本(国内)の比率が多いということです。

人口減少や高齢化などで将来の予測が決して明るい訳では無いので、将来的に足を引っ張り、ファンドの成長に影響する懸念はあります。

また、バランスファンドは出口を意識した時に身動きが取りづらいです。

早めの対応が重要になりますので、投資する段階で頭に入れておきたいですね。

【関連記事】【バランスファンドの出口戦略】早めの準備が大切

  

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)のまとめ

f:id:bo-yang:20180608063803j:plain

1本で8つの資産クラスに投資出来る非常に便利なファンドです。

少ないファンドで運用したい場合は、これ1本でも良さそうです。

 

また、バランスファンドですがコストも低いです。

個別ファンドと比べても大差ないレベルまで来ています。

ネット上ではバランスファンドの否定的な意見をよく見ますが、これだけコストが安くなれば、大きなデメリットはないと思います。

 

ただ、バランスファンドでも暴落が起きれば一時的に大きく資産は目減りします。

暴落が起きても投資、積立てを続けることができるのか、自分自身で再度確認してから投資をすることが大切です。

 

REITを組入れたくない場合は楽天・インデックスバランス・ファンドがおすすめです。株式と債券の比率を3つの配分から選べるので、自分の状況にあったバランスを選べることが出来ます。

 

どうも、ぼーやんぐでした。

ブログランキングに参加していますので、応援頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ