eMAXIS Slim米国株式新規設定。iFree S&P 500と楽天・全米株式の3ファンドで比較

f:id:bo-yang:20180617124858j:plain

どうも、ぼーやんぐです。

eMAXIS Slimシリーズから米国株式(S&P500)が販売開始されました。

iFreeくらいしか選択肢がなかったので、待望の新規設定です。

今回は同じ指数に連動したi Free S&P500インデックス楽天・全米株式インデックス・ファンドと比較していこうと思います。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の基本情報

f:id:bo-yang:20180617125108j:plain

投資対象

2018年7月3日に新規設定されたeMAXIS Slim米国株式(S&P500)の基本情報を確認していきます。

ベンチマークはS&P500(配当込み、円換算ベース)の値動きに連動する投資成果を目指す。

S&P500は米国を代表する大型株500銘柄で構成された指数で、米国市場の約80%をカバーしており、米国株の指数として『ダウ』と並ぶ有名な指数になります。

運用はS&P500インデックスマザーファンドを通して投資するファミリーファンド方式です。

f:id:bo-yang:20180617061027j:plain 

コスト

購入時手数料、信託財産保留額は無しです。

信託報酬は年率0.1728%(税抜 0.160%)です。

純資産が500億円を超えると税抜で0.155%、1000億円を超えると0.150%まで下がります。

eMAXIS Slimシリーズとあってかなりの低コストです。

以前まではiFree S&P500が最安でしたが、大きく突き放した設定になっています。

 

iFree S&P 500インデックス、楽天・全米株式インデックス・ファンドと比較

f:id:bo-yang:20180601070836j:plain

今まで低コストで米国株式のみに投資出来るファンドはiFree S&P 500インデックス楽天・全米株式インデックス・ファンドしか有りませんでした。

そこに登場したeMAXIS米国株式(S&P500)は台風の目となり一気に資産を集めそうです。

 

基本情報の比較

f:id:bo-yang:20180617063615j:plain

 S&P500は大型、中型株500銘柄、市場の80%をカバーしているのに対して、楽天・全米株式は米国市場のほぼ100%をカバーしています。

大型・中型のみに投資したい場合はS&P500、小型株を組み入れたい場合は楽天・全米株式を選ぶべきです。

ただ、組入銘柄も小型株が有るか、無いかだけなので値動きは似ています。

 

また投資方法が現物かETFかによっても隠れコストが多少変わってきます。ただ、3ファンドともに米国以外の株式が入っていないので、課税面ではほぼ変わらないので、大差は出ないかなと思います。

下記が3ファンドの運用方法です。

▪︎eMAXIS Slim S&P500 現物のみ。

▪︎iFree S&P500  現物とETFを併用して運用しています。

▪︎楽天全米株式 ETFに投資をしています。

 

コストの比較

コスト面で考えるとS&P500に投資したい場合、eMAXIS Slim S&P500に決まりです。

ただ、0.07%の差なので、数百万円単位の投資額ならそこまで気にするほどではないです。

100万円投資しても年間700円の差なので、コスト以外にメリットを感じる箇所があるならiFreeでも全然問題ないです。

もし3ファンドの中から1つに絞る場合、eMAXIS Slim S&P500と楽天全米株式どちらにするか正直迷います。

信託報酬も0.003%しか変わらないので、ほぼ互角です。

 

そういう場合はどちらか片方に投資すると後悔するかもしれないので、ぼーやんぐは両方に投資しちゃいます。

実際つみたてNISA内で楽天全米40%、eMAXIS Slim S&P500に30%と両方に投資しています。

ただし、あまりにも分散しすぎると管理も大変ですし、口座管理画面も見づらいので、あまりオススメしないです。

 

さいごに

f:id:bo-yang:20180608063803j:plain

まさかこのタイミングでeMAXIS SlimからS&P500に連動したファンドが出るとは思ってもみなかったですね。

好調な米国株式のため、人気もすぐに出そうですし、今後他社からも米国株式に投資するファンドは続々と出てきそうな気がします。

とりあえず現状はeMAXIS Slimと楽天全米株式の一騎打ちになると思うので、この先どうなるのか楽しみです。

 

【関連記事】

www.boyang-boyang.com

www.boyang-boyang.com

www.boyang-boyang.com

www.boyang-boyang.com

 

最後までお付き合いありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので、応援頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ