eMAXIS Slim米国株式(S&P500)が新規設定! iFree S&P 500インデックス、楽天・全米株式インデックス・ファンドと比較。

f:id:bo-yang:20180617124858j:plain

こんにちは。ぼーやんぐです。

ついにeMAXIS Slimシリーズから米国株式(S&P500)が設定されます。今回は同じ指数に連動した"i Free S&P500インデックス"と"楽天・全米株式インデックス・ファンド"と比較していこうと思います。

 

ついにeMAXIS Slim米国株式(S&P500)が新規設定!

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の基本情報

f:id:bo-yang:20180617125108j:plain

設定日。

2018年7月3日に新規設定されます。

ベンチマーク。

S&P500(配当込み、円換算ベース)の値動きに連動する投資成果を目指す。

運用はS&P500インデックスマザーファンドを通して投資するファミリーファンド方式です。

f:id:bo-yang:20180617061027j:plain

『S&P500』

米国投資情報会社である"スタンダード・アンド・プアーズ社(S&P")がNASDAQ、ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所に上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出している株価指数です。

米国株式市場の時価総額の約80%をカバーしています。

 

コスト。

購入時手数料、信託財産保留額は無しです。

信託報酬は年率0.1728%(税抜 0.160%)です。

純資産が500億円を超えると税抜で0.155%、1000億円を超えると0.150%まで下がります。

 

 

iFree S&P 500インデックス、楽天・全米株式インデックス・ファンドと比較

f:id:bo-yang:20180601070836j:plain

今まで低コストで米国株式のみに投資出来るファンドは"iFree S&P 500インデックス"と"楽天・全米株式インデックス・ファンド"しか有りませんでした。

そこに登場した"eMAXIS米国株式(S&P500)"は新たなコスト競争を引き起こしてくれるかもと期待してしまいます。

 

まず基本情報の比較表です。

f:id:bo-yang:20180617063615j:plain

 

投資先

S&P500は大型、中型株500銘柄、市場の80%をカバーしているのに対して、楽天は市場のほぼ100%に投資されてます。

小型株を組み入れたいかどうかで、どのファンドに投資するかを選べばいいと思います。

ただ、小型株が有るか、無いかだけの違いなので、値動きは似た動きになります。

 

また投資方法が現物かETFかによっても隠れコストが多少変わってきます。ただ、3ファンドとも米国以外の株式が入っていないので、課税面ではほぼ変わらないので、大差は出ないかなと思います。

下記が3ファンドの運用方法です。

▪︎eMAXIS Slim S&P500 現物のみ。

▪︎iFree S&P500  現物とETFを併用して運用しています。

▪︎楽天全米株式 ETFに投資をしています。

 

信託報酬

S&P500に投資したい場合、まずiFree S&P500はこの時点で投資対象から除外ですね...信託報酬が約0.07%の差がありますので、eMAXIS Slim S&P500で間違いないと思います。

 

もし1つに絞るとなるとeMAXIS Slim S&P500と楽天全米株式どちらにするか正直迷います。信託報酬も0.003%しか変わらないので、ほぼ互角です。この差程度なら自分の好みでどちらを選んでもいいと思います。

ぼーやんぐはつみたてNISAのメインで楽天全米株式に投資してますが、本当はS&P500が良かったんですが、iFree S&P500のコストが高いと思ったので、楽天全米株式に決めました。

ここにeMAXIS Slim S&P500が入ってくると、かなり心がグラつきますね。とりあえず楽天ポイントで積立しているiFree S&P500は積立をやめてeMAXIS Slim S&P500に乗り換えようと思っています。

 

 

さいごに。

f:id:bo-yang:20180608063803j:plain

まさかこのタイミングでeMAXIS SlimからS&P500に連動したファンドが出るとは思ってもみなかったですね。

米国株式投信にeMAXIS Slimが参戦した事によって、これから競争が激化しそうです。eMAXIS Slimが楽天全米株式のバンガードという知名度とどう闘っていくのか楽しみです。個人的にはeMAXIS Slimは楽天全米株式よりもコストを低く抑えないと勝てないのかなとは思います。

とりあえずは7月3日を待つのみです。

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので、応援頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村