投資信託で資産配分に悩んだ場合は全世界株式がおすすめ!

f:id:bo-yang:20181201224927j:plain

どうも、ぼーやんぐです。

投資信託をはじめるときに1番悩むのが、アセットアロケーション(資産配分)です。

どの資産クラスに、どのくらいの比率で投資するのか?

過去のデータや時価総額比率、未来の経済予測などで判断するしかないんですが、始めたばかりだと、よく分からないんです。

悩んでも正解が出るわけでもなく、ただ悶々とする日々が過ぎていきます。

ぼーやんぐもそうでしたが、投資を始めてみて少しづつ自分で修正していき、納得する資産配分に行き着くしか方法は無いのと思っていました。

 

でも本当の正解なんて、将来にしか分かりません。

しかも数%の配分を拘っても、パフォーマンスに大した違いは出ないと思います。

 

それなら、1本のファンドで世界中の株式に投資出来るファンドを選べば、資産配分に悩むこともなく、無駄な時間を過ごさなくても良くなります。

もし今アセットアロケーションを悩んでいる方は一緒に考えていきましょう。

 

今回はアセットアロケーションを悩んでいる場合、全世界株式に投資するメリットを考えていこうと思います。

 

 

全世界の株式に投資出来るファンドとは?

f:id:bo-yang:20180913123753j:plain

まず全世界の株式に投資出来るインデックスファンドってどんなものが有るのかみていきます。

下記は1本で全世界の株式に投資出来るインデックスファンドの一覧です。

 全世界株式でも投資対象や比率が異なります。

ファンド 投資対象
eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型) 日本、先進国、新興国の株式に均等比率(33.3%)で投資するファンド
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本) 日本を除く先進国と新興国に時価総額比率で投資するファンド
eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー) 日本、先進国、新興国の株式に時価総額比率で投資するファンド
楽天・全世界株式インデックス・ファンド 日本、先進国、新興国の株式に時価総額比率で投資するファンド
SBI・全世界株式インデックス・ファンド 日本、先進国、新興国の株式に時価総額比率で投資するファンド

純粋に全世界株式に投資をするなら表内の下3つeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)楽天・全世界株式インデックス・ファンドSBI・全世界株式インデックス・ファンドになります。

国内、先進国、新興国を全て含み、比率も時価総額基準になっているので、バランスよく世界中の株式に投資することが可能です。

 

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)は3つの資産クラスの配分が全て均等になっています。

そのため、国内株式の比率が高く、偏ったバランスになるため、国内株式に比重を置いて投資したい場合に向いているファンドです。

 

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)は名前の通り、国内株式を除いた先進国と新興国に時価総額基準で投資出来るファンドです。

国内の株式を組入れたくない場合に向いているファンドです。

 

全世界株式でも大きく分けて3つの投資比率から選ぶことが出来ます。

今までは楽天・全世界株式(VT)の一強時代でしたが、今年に入ってeMAXIS Slimが3本も出しており、競争が激化していきそうです。 

 

全世界の株式に投資するメリット

f:id:bo-yang:20180911131244j:plain

全世界株式に投資した場合、どんなメリットが有るのか考えていきます。

投資比率を自動的に決められる

資産配分をいくら悩んだとしても、その比率が最適かというと、それは将来にしか分からないです。

また、投資をはじめたばかりの時は、基準価格の値動きが気になり、頻繁に比率を変更したりしがちです。

それなら、あらかじめ決められた比率のファンドに投資した方が、比率の調整も出来ないので、悩みも少なくなります。

それによって、投資しているファンドから一定の距離をとることが出来るのも、ぼーやんぐとしては良いことだと思います。

 

リバラスが不要

各資産クラスにバラバラで投資をしていると、はじめに決めた投資比率が崩れていきます。

リスクも変動することからはじめに決めた比率に戻す『リバランス』が必要になります。

通常だと1年に1度リバランスをした方がいいと言われています。

方法としては株価が上昇し、資産が拡大したファンドの一部を売却して、縮小しているファンドを買い増してリバランスをするのが一般的です。

 

ただ、つみたてNISAの場合、リバランスをすることが大きなデメリットになります。

それは資産運用の途中で売却すると非課税のメリットが最大限に活かせないからです。

つみたてNISAは一度解約すると非課税枠は戻ってきません。

せっかくなら20年運用して、最大限のメリットを活かしたいです。

全世界株式のファンドなら、ファンド内で自動でリバランスをしてくれるので、売買する必要もなく、非課税のメリットを最大限に得ることが出来ます。

 

コストが安い

通常、いくつもの資産クラスが組み込まれたファンドだとコストが高くなりがちですが、先ほど紹介した5つのファンドはコストが安く、個別のファンドとも大差ないです。

驚くことにeMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)はeMAXIS Slimシリーズの個別ファンドを組み合わせるよりも安くなっています。

ここまでコストが安いと、わざわざ個別ファンドを組み合わせて運用するよりも、全世界株式1本で運用した方が手間もかからず良いと思います。

ファンド 信託報酬(税込)
eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型) 0.15336%
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本) 0.15336%
eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー) 0.15336%
楽天・全世界株式インデックス・ファンド 0.2296%
SBI・全世界株式インデックス・ファンド 0.15%

 

デメリットはあるの?

デメリットは当たり前ですが、資産配分を変えられないということです。

出口が近づくにつれて、リスクを小さくしたくなりますが、それが出来ません。

個別で投資している場合、新興国を減らして、先進国を増やすなどの調整が出来ますが、1本で運用している場合、新規でファンドを組入れるしか方法が無いです。

身動きが取りにくいのが難点ですね。

  

 

どのファンドを選ぶべきか?

f:id:bo-yang:20180623080956j:plain

ぼーやんぐなら楽天・全世界株式インデックス・ファンド(VT)eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)を選びます。

 

まず楽天全世界株式は全世界の株式が時価総額比率で構成されているので、世界にバランスよく投資できます。

それなら、eMAXIS SlimオールカントリーSBI全世界株式も同じですが、現状では純資産総額で大きな差がついています。

しかも、資金流入額の勢いも違いますので、より安定した運用が期待できます。C

気になるのはコストですが約0.07%高いだけなので、100万円投資していても年間700円の差です。

700円の差なら、安定したファンドを選んだ方が良いかなと思います。

ファンド 純資産総額 資金流入(11月)
eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー) 3.6億円 3.5億円
楽天・全世界株式インデックス・ファンド 156.8億円 15.2億円
SBI・全世界株式インデックス・ファンド 15.2億円 1.7億円

 

もう1つのeMAXIS Slim(除く日本)は単純に日本の将来に期待が持てないからです。

人口減少と超高齢化という大きな2つの問題が迫ってきています。

しかも、早急な解決が必要にも関わらず、身動きが遅いですし、国の予算も社会保障などが大きなウェイトを占め、若い人たちにお金が回らなくなっています。

そう考えると日本の株式にはあまり期待が出来ないので、日本を除く先進国と新興国だけでいいのかなと思ってしまいます。

もし日本の株式に投資したい場合はアクティブファンドの方が、成長を期待できる銘柄に投資が出来るので良いと思います。

【関連記事】全世界株式のファンドに投資するならeMAXIS Slim 全世界株式(日本除く)がおすすめ

 

さいごに

f:id:bo-yang:20180704063325j:plain

ここ1~2年でインデックスファンドのコストは大きく下がり、ファンドの種類も増え、投資環境は以前に比べて非常に良くなってきています。

ただ嬉しい反面、選択肢が増えたことで迷いも生じてしまいます。

 

投資が好きで趣味としてやる場合はいいですが、そうでは無い場合、考えすぎたり、投資に時間をかけるのは負担になります。

また、インデックスファンドで世界に分散投資している以上、どんなけこだわって自分でバランスを組んだとしてもリターンに大きな差は出ないはずです。

なるべく少ないファンドでシンプルに投資することが大切なのかもしれません。

そんな時に全世界株式に投資できるファンドは最適な選択肢の1つになると思います。

 

債券も組み入れたい場合はバランスファンドがおすすめです。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

楽天・インデックスバランス・ファンド

iFree年金バランス

 

どうも、ぼーやんぐでした。

ブログランキングに参加していますので、応援頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ