〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンドの信託報酬0.0999%に!!!

f:id:bo-yang:20190524110011j:plain

どうも、ぼーやんぐです。

 

大ニュースです!

ニッセイがとうとう信託報酬0.1%の壁を超えてきました!

  

早速詳細確認してきます。

 

 

ニッセイ〈購入・換金手数料なし〉シリーズ6ファンドの信託報酬値下げ!

f:id:bo-yang:20190523044821j:plain

ニッセイが大規模なコスト引き下げを発表しました!

eMAXIS Slimシリーズと熾烈な争いをしているニッセイ外国株式インデックスファンドも値下げの対象となっています。

 

し、し、しかも0.1%を切っています!!!

 

各ファンドの引き下げ後のコストは下記の通りです。

引き下げ日は2019年6月27日となります。

ニッセイ外国株式インデックスファンド
信託報酬(年率・税抜)
変更前   変更後
0.1090% 0.0999%

 

ニッセイ国内債券インデックスファンド
信託報酬(年率・税抜)
変更前   変更後
0.139% 0.120%

 

ニッセイ外国債券インデックスファンド
信託報酬(年率・税抜)
変更前   変更後
0.170% 0.140%

 

ニッセイTOPIXインデックスファンド
信託報酬(年率・税抜)
変更前   変更後
0.159% 0.140%

 

ニッセイ・インデックスバランスファンド

(4資産均等型)

信託報酬(年率・税抜)
変更前   変更後
0.159% 0.140%

 

ニッセイ日経平均インデックスファンド

信託報酬(年率・税抜)
変更前   変更後
0.159% 0.140%

 

 

ニッセイのコスト引き下げでeMAXIS Slimはどうでるのか?

f:id:bo-yang:20190506065343j:plain

ニッセイの信託報酬値下げにより、コスト競争がさらに激化しそうです。

特にeMAXIS Slimシリーズは『業界最低水準の運用コストを将来にわたって目指し続けるファンド』がコンセプトのため、今回のニッセイの値下げはただ指を加えて見ているだけにはいかないでしょう。

 

今回のニッセイの信託報酬引き下げもバリバリeMAXIS Slimシリーズを意識しており、ニッセイ外国株式インデックスファンド以外の5ファンドは全てeMAXIS Slimシリーズと同じコストに合わせてきています。

そして多くのインデックス投資家がコアとして投資している先進国株式クラスではeMAXIS Slim先進国株式インデックスの下を潜り、とうとう0.1%を切っています。

 

今までだと、すぐさまeMAXIS Slimシリーズも対抗して値下げを発表しているので、近いうちにeMAXIS Slimシリーズから何らかの発表があると考えられます。

 

前回の引き下げの際もeMAXIS Slimがニッセイに対抗して引き下げてましたね。

【関連記事】eMAXIS Slim、ニッセイに対抗。 どこまで続くコスト競争  

 

eMAXIS Slimからの発表を待ちたいと思います。

 

 

さいごに

f:id:bo-yang:20190508113437j:plain

今回はニッセイ〈購入・換金手数料なし〉シリーズの信託報酬引き下げについて書いてきました。

 

ここにきてコスト引き下げ競争がまた激化しています。

先日、楽天・全米株式インデックスファンドeMAXIS Slim米国株式(S&P500)の信託報酬引き下げが発表されたばかりです。

【関連記事】楽天・全米株式インデックス・ファンドとeMAXIS Slim米国株式(S&P500)が信託報酬引き下げ。

 

各社に対抗するeMAXIS Slimシリーズは本当に大忙しです。

コストの引き下げは嬉しい反面、運用会社がちゃんと利益が出ているのか不安になりますね。

 

投資対象が問題なくても運用会社が継続できなければ元も子もないですからね。

ほどほどにして欲しいです。

 

今日も『ぼーやんぐのインデックス投資ブログ』に来ていただきありがとうございます!

 

【関連記事】