お金の貸し借りはトラブルの元。親族でもやめるべき!

f:id:bo-yang:20190325123505j:plain

どうも、ぼーやんぐです。

 

お金のトラブルは何気ない貸し借りで起きたりします。

 

今回はお金の貸し借りについて考えていきたいと思います。

 

 

お金の貸し借りはトラブルが起きやすい

お金の貸し借りをどう思いますか?

 

正直あまりしたくない事ですよね。

  

例えば友人と飲みにいった時にお互い1万円札しかなく、両替するのも面倒だから『次回でいいよ』みたいな場合なら仕方ないです。

 

しかし、あらたまって『お金を貸して欲しい』と言われると、『えっ?』ってなります。

 

しかも『貸して』と言ってくるからには、ある程度の信頼関係ができている人の場合が多いです。

 

友人や親族が多いでしょう。

 

そのため、断りにくいのもありますが、少しでも力になりたいと思って貸してしまうこともあると思います。

 

貸す側は『絶対返してくれるだろう』と信頼して貸しますが、結局返ってこず音信不通になったり、トラブルになるケースも多々あります。

 

ニュースでもお金の貸し借りが原因で殺人や傷害事件に発展しているケースをよく観ます。

 

お金の貸し借りはトラブルの原因になりやすいので、友人や親族でもなるべく避けた方が良いでしょう。

 

お金を貸す前にカードローンを勧める

お金を貸して欲しいと言ってきたら、まずカードローンなど金融機関からお金を借りることを勧めた方が良いでしょう。

 

個人間の貸し借りは最悪トンズラしようと思えばできます。

 

連絡手段が途絶えれば、貸した側はどうしようもできません。

 

よほど大きな額でない限り、裁判をしようとする人も少ないと思います。

 

そのため、借りる側の甘えも出てきてしまいます。

 

しかし、カードローンなどの金融機関から借りる場合、少額でも必ず返済の義務がありますし、覚悟が必要になってきます。

 

利子も発生するので、借金が膨れ上がる可能性もあります。

 

本当に返す覚悟があるならカードローンなどを使ってもいいはずです。

 

もし友人や親族がお金の相談にきたら、冷たいかもしれませんがカードローンなど金融機関からお金を借りる提案をしてみるのが良いと思います。

 

 

どうしても貸すならあげるつもりで貸す

お金の貸すことは良いことが1つもありません。

 

『いつ返してくれるのか?』、『本当に全額返ってくるのか?』など常にモヤモヤした気分が続きます。

 

友人や親族に貸している場合、催促もしにくいです。

 

大人になってお金を借りなければいけない場合、その裏に何か大きな原因が有るはずです

 

ギャンブルだったり、クレジットカードで買い物中毒になったり、投資に失敗したり、お酒だったり、働いていなかったりなどなど...

 

そういった場合、お金を貸しても、ただの一時凌ぎで根本的な解決にはなりません。

 

なので、その問題を解決しないことには、お金を貸しても返ってくる可能性は低いでしょう。

 

ぼーやんぐも若い時に友人から何回かお金を貸して欲しいと言われたことがありますが、ちゃんとした理由を説明してくれる人も少なかったですし、最後には絶対に返すからとゴリ押ししようとします。

 

一度だけ貸しましたが、やはり返ってきませんでしたし、もちろん友人関係も壊れました。

 

もし本当に信頼している友人や親族からお金を貸して欲しいと言われた場合、なぜお金が必要なのか原因を聞いて、その問題の相談に乗ってあげることが大切です。

 

そして、お金を貸すことで問題が解決するなら貸してあげても良いと思います。

 

ただ、必ず返ってくる保証はないですし、期待外れに終わることもあります。

 

なので、返ってくる期待はせず、あげたつもりで貸すべきです。

 

 

貸す場合は必ず借用書を作成する

お金を貸すことになった場合、必ずやるべきことがあります。

 

それは借用書を作成することです。

 

口約束で貸した場合、裁判になっても証拠がなく返済されない場合があります。

 

そのため借用書を作成することで、法的な効力が生まれるので必ず作成するべきです。

 

また、あげるつもりでも、借用書を作成することで借りる側に責任感を持たせることができます。

 

ただ、口約束で貸すだけだと、借りた側も『簡単に借りれた』と思うかもしれませんし、お金を借りることが大きな問題だと思わないかもしれません。

 

返すつもりがなければ借用書の作成を拒否するでしょうし。

 

なので、お金を貸すときはどんな場合でも借用書を作成するべきです。

 

 まとめ

今回はお金の貸し借りについて書いてきました。

 

お金の貸し借りは良いことが1つもありません。

 

友人でも親族でもなるべく避けた方が良いでしょう。

 

それでもお金を貸す場合はあげたつもりで貸すべきです。

 

返ってこないと、モヤモヤしますし、なんで返してくれないんだろうと考えてる時間ももったいないです。

 

あげたつもりなら、相手への期待もないですし、お金を渡した時点で終わりです。

 

ただし、相手に責任感を持たせるためにも借用書は必ず作成するべきですね。

 

借りる側も法的な効力のある書類があると簡単にトンズラもできないですし、自分が大きな問題を抱えているという認識を持てると思います。

 

『BOYANG JOURNAL』にきていただきありがとうございます!

 

 

【関連記事】