楽天・全世界株式インデックス・ファンドの分析。米国バンガード社のVT(ETF)に投資できる投資信託。

f:id:bo-yang:20180930071105j:plain

どうも、ぼーやんぐです。 

 

海外のETFに投資するには、ある程度の資金が必要ですし、課税面の問題もあります。

しかし、楽天×バンガードシリーズは投資信託を利用して、米国バンガード社のETFに投資することができます。

 

今回はその中でも人気の高い楽天・全世界株式インデックス・ファンドを紹介していこうと思います。

 

 米国バンガード社の詳細については下記を参考にしてください。

www.boyang-boyang.com

 

 

 

 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(VT)の基本情報

f:id:bo-yang:20180826000007j:plain

楽天・全世界株式インデックス・ファンドは2017年9月29日に設定されたファンドで、償還日は無期限となっています。

つみたてNISAにも対応しているので、税制面での優遇も受けながら投資することが可能です。

投資対象

米国バンガード社が運用する人気ETF『バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)』に投資が出来るファンドです。

米国のETFに投資する場合、円をドルに変える手間がかかったり、手数料が割高になることから、投資信託などに比べると投資するハードルが高いです。

しかし楽天・全世界株式インデックス・ファンドが登場したことで、投資信託を利用して気軽にETFに投資ができるようになりました。

  

ベンチマークは『FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(円換算ベース)』です。

特徴としては全世界の株式市場の大型から中型、小型株までをカバーする時価総額加重平均型の株式指数になっています。

先進国、新興国、日本も含めた約8,000銘柄で構成されているので、1本で世界中に投資することができます。

 

ファンドの仕組み

ファンドの仕組みはファミリーファンド方式となっています。 

f:id:bo-yang:20190605064237p:plain

(出展:楽天・全世界株式インデックス・ファンド 目論見書より)

 

ポートフォリオ

下記は組入上位10銘柄です。(2019年4月末時点)

米国株価を牽引するハイテク銘柄がズラリと並んでいます。

ハイテク銘柄の成長鈍化の懸念もありますので、この先組入順位の変動も起きるかもしれません。

ただ、約8,000銘柄をカバーしているので、1銘柄の割合が少なく、例え1銘柄の業績が悪化したり暴落しても影響は小さいです。

f:id:bo-yang:20190605061113p:plain

 

下記は業種別の構成比になります。

以前はテクノロジーが一番大きかったですが、金融の割合が増えてきています。

f:id:bo-yang:20190605061431p:plain

 

地域別の構成比では米国が半分以上占めてますので、米国市場に大きく左右されることになります。

f:id:bo-yang:20190605061423p:plain

(出展:楽天・全世界株式インデックス・ファンド月次レポート より)

 

コスト

次にコストを確認していきます。

買付手数料 なし
信託財産保留額 なし
信託報酬  0.21%(税込)
実質コスト 0.46%(税抜)

買付手数料、信託財産保留額はなしのノーロードファンドです。

信託報酬は0.21%(税抜)と低コストですが、実質コストが0.46%と割高になっています。

※実質コストとは公表されている買付手数料や信託報酬以外に運用でかかる経費を全て合算したコストのことです。

 

 

 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(VT)の1年間の運用成績

f:id:bo-yang:20180607181544j:plain

運用成績を確認していきます。

 

まずは純資産総額ですが、2019年4月末時点で210億円になっています。

設定時から右肩がりを続けており、順調に伸ばしていますが、資金流入の勢いが弱くなってきているのは気になるところです。

以前は『バンガード』というブランド名で人気でしたが、実質コストの高さからeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)に乗り換えしている投資家の方も多いのかもしれません。

f:id:bo-yang:20190605064706p:plain

(出典:SBI証券)

 

次に騰落率を見ていきます。(2019年4月末時点)

2018年後半は景気減速の懸念などから大きく下落しましたが、2019年に入ってから大きく反発した影響もあり、全期間でプラスリターンとなっています。

ただ、ベンチマークからかなり下振れしていますので、定期的にレポートのチェックは必須です。

期間 騰落率 ベンチマーク
3ヶ月 +10.0% +10.60%
6ヶ月 +8.10% +8.80%
1年 +5.40% +6.40%
3年 - -
設定来 +7.20% +9.40%

 

下記は設定来のチャートになります。

2018年後半の下落からV字回復していますが、この勢いがどこまで続くのか...

2020年までに景気後退入りするという予測も出ているので、下落相場が来てもパニックにならないよう、リスクの再確認しておくことが大切です。

f:id:bo-yang:20190605070907p:plain

(出展:楽天・全世界株式インデックス・ファンド月次レポート より)

  

 

 楽天・全世界株式インデックス・ファンドに投資するメリット・デメリット

f:id:bo-yang:20180905070223j:plain

メリット

  • 1本で世界中の株式に投資ができるので、複数のファンドに投資しなくても良い。
  • 資産配分が崩れれば自動で調整してくれるので、リバランスが不要。
  • 純資産総額が210億円まで集まっているので、償還リスクが小さい。
  • つみたてNISAに対応している。

デメリット

  • 実質コストが割高。
  • ベンチマークよりも下振れしている。
  • 資金流入の勢いが弱くなっている。

 

個人的には1本で世界中の株式に投資できるファンドとして、魅力的だと思います。

実質コストが高いのは気になりますが、運用期間・純資産総額が伸びてこれば改善されていくのかなと思います。

 

楽天・全世界株式インデックス・ファンドの競合

f:id:bo-yang:20190503055047j:plain

eMAXIS Slimシリーズから3本の全世界株式型ファンドが出ており、熾烈の争いを繰り広げています。

特に2018年10月31日に新規設定されたeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)はベンチマークは違えど、1本で世界中の株式投資できるファンドとして最大のライバルといえます。

コストもeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の方が低く、資金流入も少しづつ増えてきています。

とはいえ、純資産総額はまだ35億円程度なので、楽天・全世界株式インデックス・ファンドの足元にも及んでない状態です。

ただ、資金流入額が2019年4月はeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の方が多くなっていたので、投資するなら今後の動向は逐一チェックしておいた方が良さそうです。

 

ぼーやんぐ的には日本の将来があまり期待出来ないので、日本を除く世界株式に投資した方がいいと考えています。

もし同じ考え方の場合、eMAXIS Slimシリーズが出している、eMAXIS Slim全世界株式(日本除く)は日本を除く全世界の株式に投資が出来るのでオススメです。

 

 

 さいごに

f:id:bo-yang:20180716062133j:plain

今回は楽天・全世界株式インデックス・ファンドの紹介をしてきました。

 

長期投資のセオリーは世界に分散投資です。

それを1つのファンドで完結できるというのは、ある意味最高のファンドです。

 

また、投資対象が米国バンガード社というのも安心感があります。

個人的には長期で投資しても問題ないファンドだと思います。

ただ、資金流入やコストに関しては少し気になりますので、毎月のレポートは確認するべきですね。

 

今日も『Boyang Journal』に来ていただきありがとうございます!

【関連記事】