不調な新興国。eMAXIS Slimシリーズで先進国と成績比較してみました。

f:id:bo-yang:20180603223947j:plain

こんにちは。ぼーやんぐです。

先日の記事で新興国が不調と書きましたが、実際のとこ先進国と比べてどうか見ていきたいと思います。

今回はぼーやんぐも投資しているeMAXIS Slimシリーズの新興国株式と先進国株式で比較してみました。

 

↓先日の記事です。

www.boyang-boyang.com

 

 不調な新興国。eMAXIS Slimシリーズで先進国と成績比較してみました。

 基本情報。

f:id:bo-yang:20180603224104j:plain

ベンチマーク。

◉eMAXIS Slim新興国株式インデックス

MSCIエマージング・マーケット・インデックスをベンチマークとしたファンドです。24カ国の大型株、中型株を対象に約850銘柄で構成されてます。

下記は組入上位10カ国です。先日の記事でも書きましたが、1位のケイマン諸島はほぼ中国企業なので中国が約25%と他国に比べて割合が多いです。

f:id:bo-yang:20180601052646p:plain

(出典:eMAXIS Slim新興国株式インデックス 月次レポート)

 

 

◉eMAXIS Slim先進国株式インデックス

MSCIコクサイ・インデックスをベンチマークとし、日本を除く22カ国の大型株、中型株を対象に約1300銘柄で構成されてます。

下記は組入上位10カ国ですが、アメリカの割合が65.55%と非常に多いです。

f:id:bo-yang:20180603071522p:plain(出典:eMAXIS  Slim先進国株式インデックス 月次レポート)

 

コスト。

信託報酬は新興国が0.2052% → 0.189%、先進国は0.11826% → 0.1090%

両ファンドともにSBIのEXE-iに次いで2番目の安さになっています。

昨年からコストの引き下げをしていきたeMAXI Slimシリーズですが今後もコストを引き下げていくのか楽しみですね。直販という話も出ているようなので純資産額が増えていけば更に安くなる可能性もありそうです。

 

基準価格と純資産額。

f:id:bo-yang:20180603224353j:plain

 

下記が新興国です。最近の基準価格はここ半年で最安になっています。また、不調とあってか純資産の増えも鈍くなっています。

 

f:id:bo-yang:20180619101236p:plain

(グラフ:YAHOOファイナンス)

 

 

次は先進国です。2月の暴落も3月に下げ止まり、そこから勢いよく戻していましたが、イタリアの政治不安を受けて5月後半はまた下げてます。信託報酬の値下げの影響もあってか純資産額は好調に伸びています。暴落が始まる2018年1月末時点で新興国が約39億円、先進国が約47億円と8億円の差でしたが、今では倍の約60億円の差がついています。

3月に底をつけるまでは新興国とほぼ同じ動きでしたが、その後は全く違った動きになっていますね。

 

f:id:bo-yang:20180619101118p:plain

(グラフ:YAHOOファイナンス)

 

 

 

 成績。

f:id:bo-yang:20180603224307j:plain

 

新興国の騰落率

1ヶ月 -3.92%

3ヶ月 -3.83%

6ヶ月  -2.40% 

設定来 +5.21%

ここ6ヶ月はほぼマイナスです。

2017年7月31日から運用されてますので、設定来では昨年後半の好調な相場もあり+5.21%になっています。

今後どこまで下げていくのか気になるとこです。

 

先進国の騰落率

1ヶ月 +0.47%

3ヶ月 +1.99%

6ヶ月  -1.18% 

設定来 +13.48%

2017年2月27日から運用開始されてますので、昨年の好調相場を受けて設定来では10%以上の好成績になっています。昨年は良すぎましたね。

新興国と比べると、ここ3ヶ月の騰落率では6%近い差が出てますね。

 

さいごに。

f:id:bo-yang:20180608063803j:plain

新興国と先進国の比較をしてきましたが、直近の成績は断然先進国でしたね。やはり新興国はリスクが大きく、安定しないなーというのが1番の感想です。

ただ、今後10年20年それ以上で考えると人口ボーナスもあり、確実に経済成長していくと思うので、この不調な時に積立額を増やしたり、スポット購入すると後々のリターンも良くなりそうです。ぼーやんぐも特定口座で少しづつ買い増ししていこうと思います。

2050年には中国がアメリカを抜いて世界1位の経済大国になるという予想も出ているので、将来どのくらい大きなリターンになるのか楽しみです。

30年後まだ生きてたらの話ですが...笑

 

 

最後までお付き合いありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので、応援頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村