幼児教育・保育の無償化が2019年10月から開始予定

f:id:bo-yang:20180528122412j:plain

どうも、ぼーやんぐです。

幼児教育、保育の無償化が2019年10月から実施される予定です。

これから幼稚園や保育園に通う子どもがいる世帯としては非常に嬉しいですね。

どんな内容になっているのか詳細見ていきたいと思います。

 

幼児教育・保育の無償化の内容

f:id:bo-yang:20180822060033j:plain

・2019年10月からスタート予定。

・3〜5歳児は認可保育所、幼稚園、認定こども園を一律無償化。

・0~2歳児は住民税非課税世帯に限り無償化。

 

政府は当初2019年4月に5歳児のみ、2020年4月から全面実施する予定でしたが、2019年10月に揃えて全面実施する方針を固めました!

5歳児の無料化は半年間の延期になりますが、0~2歳児の住民税非課税世帯と3~4歳児は前倒しになります。

 

2019年10月は消費税が10%に上がる予定なので、その時期に合わせて子育て世代の負担を緩和する狙いがあるようです。

 

 

 

認可外保育も3万5000円 → 3万7000円を上限に補助

f:id:bo-yang:20180703063317j:plain

認可外保育も就労などで市区町村から保育が必要と認定された世帯に限り、3~5歳児は全国平均の保育料(3万5000円 → 3万7000円)を上限に補助がでます。

住民税非課税世帯の0~2歳児は月4万2000円を上限に補助が出ます。

 

利用できるサービスは企業主導型保育所や幼稚園による一時預かり、ベビーホテルなど幅広く認められそうです。

こちらも2020年度に実施予定でしたが、2019年10月への前倒しの調整をしています。近日方針が決まるようです。  → 2019年10月から実施で決まりました。

 

3歳児の認可外保育施設の平均負担額が4万円になっていますので、無償化後も月3000円の負担は残ります。 

ただ、それでも3万7000円の補助は非常に大きいですよね。

  

自治体による補助

f:id:bo-yang:20180602070833j:plain

各自治体によって今でも補助が出るケースがあります。

 

ぼーやんぐが住んでいる愛知県の場合、幼稚園及び保育連携型認定こども園の授業料等が一部補助される制度があります。

対象幼児

・満18歳未満の子どもが3人以上いる世帯の幼児のうち、その年に満3歳となった幼児であること。

・幼児及びその保護者が愛知県に住居していること。

・市町村民税所得割課税額が211,200円以内の世帯であること。

 

補助金の額

授業料相当額。(他の補助金を貰っていたらその分は引かれます。)

 

その他にも‪チャイルドシートの無料貸し出しなど子育て関連の補助はいろいろあるようです。

自治体側から知らせてくれませんので、自分で各自治体のホームページなどで調べてみてることをオススメします。

 

さいごに

f:id:bo-yang:20180704063325j:plain

ぼーやんぐとしては1歳の子どもがいるので、このニュースはかなりテンション上がりました!

でも今現在、授業料を払っている方はちょっと悔しいですよね...

3年間で100万円くらいはかかると思うので... 

私立高校も2020年から一部無償化になりますので、これからの子育て世代は学費に関しては少し楽になりそうです。

無償化になった分、浪費するのではなく、大学費用に取っておきたいですね。

あと無償化で心配なのは人気のある幼稚園や保育園は今以上に入り難くなりそうです。料金が関係無くなれば誰もが人気のあるところに行きたいと思うはずですもんね。

選考方法とかはどうなるのか気になるとこです。

経済の格差関係無しに幼稚園や保育園を選べる事は素晴らしいことなので是非早いうちに可決して欲しいと思います。

 

どうも、ぼーやんぐでした。

ブログランキングに参加していますので、応援頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ